北川景子が1歳女児のママ私生活&中井貴一は目指す俳優像を語る!

5月25日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ水曜23:00)で「北川景子(35歳)に友達って事で聞いていいですか?」と題し、私生活徹底解明!プライベート大公開、告白した。

エンジェルちゃんとして、中井貴一(60歳)が、お助けゲストで出演。

次に定番の、太一からの「1日のルーティンを教えて」の質問に、普段プライベートが見えない、北川景子のある日の“休日ルーティーン”を24時間の円グラフで紹介した。

(円グラフの内訳)
12時半〜6時半 睡眠、6時半〜7時 身支度、7時〜8時 子供&猫の朝ごはん、8時〜9時半 炊事・洗濯、9時半〜11時 子供と公園、11時〜12時半 昼食、12時半〜15時 子供昼寝・夕食作り、15時〜17時半 部屋で子供と遊ぶ、17時半〜19時 夕食、19時〜20時半 風呂・寝かしつけ、20時半〜12時半 朝食 昼食作り You Tube




部屋着に拘りがあるそうで、VENEXを着ているだけで体力が回復するという、リカバリーウェア、休養の常識を変える代物であるそうだ。夏は半袖、冬は裏起毛の暖かい物で年中VENEXを着ていると言う。

仕事前日の夜に仕込んだ朝食を次の日に温めるだけで、忙しい母の北川本人はご飯の準備の合間に立って朝食を掻き込んでいるそうだ。また、愛猫ジルちゃんと1歳の娘さん共に靴箱が人気スポットらしく、猫ちゃんを退けて、靴も除いた所へ娘さんが入り込んだりすると言う。

家事はDAIGOと分担しているそうで、手伝いはしてくれていると言うDAIGOは、料理も最近はやるようになってきたそうだが、北川が言うには「めっちゃ遅い料理もスロー」らしく、「ピーラーってどこに入っていたっけ?」から始まるそうだ。皮むきも非常に丁寧にやっているそうで、DAIGOが作業している時は北川はキッチンに入らないようにしていると告白。

北川は台本を覚えるのは、子供が寝た後の全て家事を終えた後やっているそうだ。続けて、You Tubeはミラクルひかるさんがやっているモノマネ系や、主婦系の“にゃんちゃんねる“(5児ママ+猫)You Tuber動画を料理の手際や、片付け・収納のコツを学ぶ為の家事を参考に見ていると言う。北川は、子育て中の為か「最近の流行を追えず、子供の流行りにしか興味がいかない」と語った。




一方、デビューが41年前の中井は当時の先輩俳優から「デビュー作は絶対抜けないからね」と言われてたそうで、『そんな訳ねぇじゃねえか』と中井は思っていたが、経験を積んで色々芝居が出来て思った事は「仰る通り」だったと熱く語る。

その理由は「カメラの前に純粋な気持ちで立てるってデビューした時意外ない」と回答。更に「経験を積んでいくと、姑息な事を考える」とTOKIOメンバーに「お前らと最初あった時、本当に純粋だった(デビュー前からTOKIOメンバーは中井にお世話になっている)。焼肉屋で純粋なお前らがいた」と言い放ち笑いを誘った。

更に中井は続け、「俳優なんて“上手い“で形容詞で例えられる俳優はまだまだ。“いいね“で形容で例えられる方が、芝居がいいのか、人がいいいのか、存在がいいのか、大きい意味で例えられる俳優になると言うのを目指しているかな」としみじみ語ると、太一から、「こんなエンジェルちゃんいます?」と言い、松岡は「エンジェルじゃなくて菩薩みたい」だと突っ込まざるおえなかった。

北川&中井が共演する映画、落語家・立川志の輔による新作落語が原作(伊能忠敬物語を基にした)、『大河への道』(配給:松竹)が現在大ヒット上映中だ。是非、劇場へ足を運んでみてはいかがだろうか。

(田岡令梛 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『大河への道 (河出文庫)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る