【イギリス発】1年で17kg、約5万円のお菓子を盗んだ!?カモメの窃盗犯

猫やサル、カラスなどの生き物が店の商品を棚から盗む、という事例はたまに耳にする話だが、海外には窃盗の常習犯になったカモメがいるという。

イギリスのデボン州ペイントンにあるTescoにはスティーブン(Steven)と名付けられたカモメがやってきては常習的に食べ物を盗んでいくという。ちなみに、よく盗んでいくのはクラッカーのMini Cheddarsとスナック菓子のMonster Munchだとか。




このカモメは1年間に少なくとも17kgの食品を持ち去り、被害総額は300ポンド(約48000円)相当になるという。しかしこれも店側が把握している分だけなので、実際にはこれ以上の被害が出ている可能性が高いと考えられている。

店のスタッフによると、この生意気なカモメは1日に3回も迷い込んでは商品をくすねていくことで知られており、先日は店舗に買い物に来た客が「堂々と自動ドアを通り抜け、スナック菓子のドリトスの袋をくわえて出て行く様子」を動画に撮影することに成功した。

Stop, Thief! Seagull spotted stealing a pack of Mini Cheddars from a grocery store

犯行現場の決定的な映像を入手した男性によれば、「今回、彼(カモメ)はたまたま私の車のボンネットに飛び乗ったので、録画を開始することにしました。彼は車から飛び降りると床に落ちたガムを噛み、それから店に入ってミニチェダーを1パック持って走り去りました」とのこと。

別の客も「ドリトスを1袋持って外に飛び出し、道を挟んだ建物の屋根の上にいる仲間と分け合う」様子を目撃しているという。店員の方ももう慣れっこになってしまっているようで、客がスナック菓子をくわえて歩いているカモメの事をレジ係に言った所、「ああ、彼はあのお菓子が好きなのよ」という返事が返ってきたそうだ。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 cocoparisienne / PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る