飛行機事故の写真を乗客が受け取り、機内がパニックに!

今週、海外のとある航空機が、フライト直後にとある理由で乗客達がパニックに陥ったため引き返さざるを得なくなった、という奇妙な事件が発生した。

その日、イスラエルのベン・グリオン空港からトルコに向かっていたアナドルジェット航空737便にて、離陸直後に乗客達が騒ぎ出すという事態が発生した。

何でも乗客達のスマートフォンに次々と「飛行機の墜落事故」を連想させる画像が送りつけられてきたというのである。報道によれば、画像は全て2009年に起きたトルコ航空の墜落事故をはじめ、さまざまな航空事故のものだったという。




まるで今乗っている飛行機の末路を思わせるような画像が幾つも届き、表示されたことから乗客の中には不気味に思ったり混乱する人が続出。中には失神した人やパニック発作を起こした人もいたという。

機内が混乱に陥ったため、パイロットの判断で飛行機はすぐさま空港に引き返すこととなった。その後セキュリティ・クルーが全員の荷物を再検査し、さまざまな安全チェックを行った。調査の結果、乗客9名の携帯電話からApple AirDrop経由で画像が送信されていたことが判明。現地当局によると彼らは全員飛行機から降ろされたという。

このグループがなぜこのような騒動を引き起こすに至ったのかは不明だが、今後虚偽の情報を流したとして起訴される可能性があるとのことだ。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 TC-JFG Boeing 737-800 Anadolujet STN 100820 / kitmasterbloke

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る