実話怪談「肝試しの後で」

今日は、肝試しより、その後が大変だった話です。

学生の頃でした。部室で、山に肝試しに行く計画を立てていました。ひとりの先輩が「その山のカーブミラーのところに、事故で亡くなった女性の幽霊が出る」という話をどこからか聞いてきたのです。

参加したのは僅か5人だったので、車一台で行く事になりました。夜遅く、先輩の運転で山に向かいました。山道は、対向車が来たらすれ違えないほど狭く、カーブばかりで、灯りもガードレールも殆どありません。ハイビームにすると、闇に包まれた山中は、いっそう不気味に感じられました。

「いないね…」

カーブミラーを見つける度に車を止めて、みんなで幽霊を探しました。

下り始めて、数本目のカーブミラーで止まった時です。私は車のすぐ後ろ、山側に泥の塊りのようなモノが立っているのに気付きました。

目が合ったと思います。すぐに下を向いて、関わらないように意識しました。

半分くらい山を下りたところで「あれ?通り過ぎたかも」と、運転していた先輩が言いました。「今日はダメかもしれないね。でも、一回引き返してみる?」と、助手席の先輩が答えました。

でも私は、先程の泥の塊りについては、言わない方がいいような気がして黙っていました。




ここは、一旦山を下りなければ、Uターンも出来ません。下で休憩してお喋りしているうちに、みんなの行く気は失せていました。

そして帰りの高速道路で、いつの間にか、5人全員が眠っていました。

気がついた時には、目の前にコンクリートの壁。居眠りで速度が落ちていた事もあり、衝突はしませんでしたが、急ブレーキに急ハンドルで、車は音を立てて二回ほど横を向きました。そのあと車がまっすぐ走らなくなったので、高速道路を降り、車と先輩はJAFのロードサービスを使って、先に帰って行きました。

残った私達は、駅まで行って始発列車を待つか、親や友人に迎えに来てもらうか、ひたすら歩いて帰るか、どうにかしなければなりませんでした。結果、先輩の友人が来てくれたのですが、ものすごく不機嫌で、車内で喧嘩になったりして、後部座席の私達は居た堪れず、もう泣く寸前でした。
 
散々な思いをしたのですが、それで終わった訳ではありません。

運転していた先輩は、帰った翌日から半年以上も体調不良が続き、同期のひとりは一週間後、交通事故で大腿骨を骨折し、乗っていたバイクは廃車。まもなく二人目が車ごと川に落ち、本人は腰椎を骨折、車は廃車。助手席にいた先輩は、突然リンパ系の病気になってしまい、何ヶ月も入院していて留年。

「これって、祟り?」みんながそう思ってしまうほど、立て続けに不幸に見舞われてしまいました。

無事なのは私だけでした。今でもそのことは、あの時のメンバーに申し訳なく思います。

【お便り】大阪 肝試しの後の祟り、生まれ変わって自分の孫になる亡き父 ATL3rd 233

(大阪 圭子さん 監修:ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©胡麻油 photoAC

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る