まさかの掘り出し物…4500円の胸像は古代ローマの遺物だった!

多くの人が様々な品を持ち寄るフリーマーケットには、掘り出し物が出品されることもある。中にはかなりのお宝がそれとは知らず並んでいることもあるのだ。

先日、テキサス州オースティンで行われたフリーマーケットにて、ある骨董商の女性が古代ローマ時代の男性を象った胸像を34.99ドル(約4500円)で購入した。購入した女性もよく美術のデッサンに用いられる胸像にありがちなレプリカだと思っていたのだが、昼間に胸像を確認してみるとかなり年季が入っていることに気づいた。

もしかしたら、価値がある代物なのでは……と考えた女性は実際にオークションハウスで出所を確認。

Roman bust found at Austin Goodwill now on display at San Antonio museum | KVUE




専門家の鑑定を受けた結果、なんと2000年前に作られた本物の古代ローマの遺物であったことが判明したのだ。ちなみにモデルになった人物はローマの司令官ネロ・クラウディウス・ドルス・ゲルマニクスとされている。

この胸像が、古代ローマからアメリカのローン・スター・ステートまでどのような経路をたどってきたかは、いまだ謎のままだ。しかしこの胸像は19世紀のバイエルン王の美術品コレクションに由来するのは確かなため、第二次世界大戦中に連合国軍がドイツにてバイエルン王の別荘を爆撃した後、アメリカ軍の兵士が持ち帰った可能性があるという。

この胸像は現在、サンアントニオ美術館に展示されているが、2023年にはバイエルン州に返還される予定である。なお、この貴重な胸像を手に入れた骨董商の女性は胸像に長寿番組「It’s Always Sunny in Philadelphia」のキャラクターにちなんで「Dennis Reynolds」と命名したそうだ。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©KVUE / YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る