盗まれたノストラダムスの手稿、発見される!!!

今から15年ほど前にローマの図書館から盗まれたノストラダムスの手稿が、オークション会社のウェブサイトに掲載されているのを捜査員が発見、回収に成功するという事件があった。

この原稿は予言で有名なフランスの医師にして占星術師のノストラダムスが1500年代半ばに書いたもので、彼が著した幾つかの有名な予言の初期バージョンが含まれている貴重な資料であったが、2007年にローマのバルナバイト歴史研究センターから紛失したと伝えられていた。




この貴重な資料の行方を追っていた当局の担当者によれば、ノストラダムスの手記はフランスとドイツの闇市場で流通していたが、なんと昨年になってドイツのオークション会社のウェブサイトに登場。

ある美術商が約12641ドル(約1640000円)で落札し、入手したことが判明したのである。

イタリアの捜査当局は、この手稿が盗まれたノストラダムスの手稿で間違いないか確認。ドイツの専門家の調査により、間違いなく紛失した手稿であることが明らかになり、手稿が再び闇市場に消える前に当局によって押収された。そして5月頭には本来の所有者である歴史研究センターへ返却されたという。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 https://twitter.com/guardiannews

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る