新築の夢のマイホームが悪夢に変わった!

アメリカ・ケンタッキー州在住のある女性が、新築の我が家が「悪魔の少女」に脅かされているという恐怖体験を告白して話題になっている。

Mirror紙によれば、この女性の体験は海外で人気のホラー分野のポッドキャストであるPodcast Paranormal Activity with Yvette FieldingのホストであるYvette Fielding氏に取り上げられ、注目を集めることになった。

女性によれば、この家で起きる現象は購入後ほどなくして子どもの声を聞いたことから始まったという。

ある日、女性は誰もいない部屋から「こんにちは」と呼ぶ子どもの声を耳にした。この声は彼女の家の庭に手入れに来た庭師も確認しており、彼女は帰宅後に作業を終えた庭師に「子どもは何人いるの?」と尋ねられてしまったという。ちなみに、彼女と夫の間にまだ子どもはいない。




その後も家中で足音や壁をトントンと叩く音が響いたり、棚から品物が落ちるのは日常茶飯事。飼っている愛犬もこの音を耳にすると落ち着きがなくなり、彼女の側にくるようになったという。また、奇妙な音がするとバスルームから腐敗の下劣な悪臭がするようにもなったらしい。

「最初は悪魔だとは思わなかったけど、夫が2ヶ月ほど仕事に出てからどんどんひどくなったわ」と女性は語る。可能であれば引っ越したいが、何せ購入したばかりなので出て行きたくても出て行けないのだという。

前述のポッドキャスト番組のホストであるYvette Fielding氏は、「彼女はこの悪霊に取り憑かれているように思われるので、教区の司祭に救済を求めるか、有能な霊能者に頼んでお祓いしてもらった方が良いと思う」と述べている。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Ghostly children sitting at a table / simpleinsomnia

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る