鬼滅声優・花澤香菜、『奇怪過ぎる』その弁当の中身とは!?

4月29日放送『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系・金曜21時58分)で、ゲストの、テレビアニメ『鬼滅の刃』甘露寺蜜璃(かんろじみつり)役など、人気キャラを多数演じるトップ声優の花澤香菜が『子供の頃の強烈な経験』について語った。

「私、中学生の頃に母が作ってくれていたお弁当が、今考えてもすごく変だったんですよ」




「2段のお弁当箱で、1段目がご飯だけ入ってる。2段目が『半分ブロッコリー』『半分いちご』」

と花澤が告白。すると、その耳を疑う内容に一同「えーーっ!!」と声を上げて驚愕したが、花澤は続けて

「あとは『おはぎ』2個だけとか、『刻んだ干し芋』が入ってたりとか、『芋羊羹』だけとか」と、ずらり並んだ衝撃のラインナップに、出演者一同言葉を無くしたかのように静まり返った。そして、

「一番可哀想だったのが、うちの弟が『ビニールいっぱいに詰めた落花生』をお弁当に持たされて、その日にあだ名が『ピーナッツ』になっちゃって……」と、

花澤に続き、弟までもが『衝撃弁当』を体験しており、その弁当の内容も去ることながら、余りにも『直球過ぎたあだ名』に出演者一同大爆笑!!。これには松本も、顔を真っ赤にして笑いが止まらない様子。




「『お姉ちゃん、お弁当作ってくれ!』って言われて、私が作るようになったんですけど」と、

花澤が弟の弁当を作ってやったことで、弁当問題が『一件落着』したように感じたのか、出演者一同はどこかしら”安堵”したような声を上げ、話題は次へと移って行った。

花澤と弟は非常に仲が良いとの話がある。

それは、弁当問題を解決した花澤の弟への優しさも一因かも知れず、ひょっとして、この遥か斜め上を行った『パンチの効き過ぎた弁当』は、

”兄弟の絆”を深める事に、結果『一役買った』かも知れないと思ったのは、筆者の考え過ぎだろうか。

(香里 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©タスク photoAC

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る