一気に三つ子と結婚した男、現在の新婚生活を語る

先日、アトラスでは「知らない内に一卵性の三つ子と付き合い、最終的に全員と結婚した男性」について紹介した。

この奇妙な恋愛模様と結婚に関する騒動が報じられたのは今から2ヶ月ほど前のこと。ケニア在住のステヴォ氏はケイトという名前の女性と出会い、互いに恋に落ちた。しかし実は彼女は一卵性の三つ子であり、彼女の姉妹達は彼に内緒でこっそり入れ替わることにした。

彼女たちがそっくりなため彼は見破ることはできず、また入れ替わっているうちに三姉妹ともステヴォ氏の事を好きになっていた。そして彼女らはプロポーズの際に真実を告白、彼も悩んだ結果三姉妹と結婚することにした・・・これが前回紹介したニュースである。

  【コンゴ発】3つ子の姉妹全員と結婚した男

さて、この結婚からしばらく経ったが彼らの新婚生活はどうなのだろうか。海外メディアが取材していた。

ステヴォ氏は「まだ2ヶ月だけど、1日1日を大切に生きているよ。私たちは時間をかけて互いに学び合っている最中です」と述べ、三つ子の妻のうち誰がステヴォ氏と一晩を過ごすか、厳格なタイムテーブルを持っていることを明かした。




例えば毎週月曜日はメアリー、火曜日はケイト、水曜日はイヴとローテーションで一人一人と会い、週末には全員と会って楽しい時間を過ごすのだそう。大変なようにも聞こえるが、本人は「大したことではない」と笑って答えている。また三姉妹は「私たち3人で十分だから、もう一人連れてくるのは許さないわ」と語っているそう。

ちなみにケイト、イブ、メアリーの3姉妹は3人はゴスペル音楽の道を目指しているという。クリスチャンにとって一夫多妻制は珍しく、アフリカやアメリカではごく一部のマイナーな宗派しか認めていない。だがケニアでは2014年3月に議会が男性が複数の妻と結婚することを認める法案を可決し、2014年5月1日に施行されている。

この慣習はケニアの伝統的なコミュニティやイスラム教のコミュニティで一般的だったため、法整備が行われたものみられている。よって、ケニアの法的には彼らの結婚は問題ないことになっている。

“We’ve all cheated on our partners,” Big Man Stevo and his girlfriends reveal deep secrets

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る