カンニング竹山が認めない『意識高い系・餃子と麻婆豆腐』とは!?

4月14日放送の『ダウンタウンDX』(読売テレビ系列・木曜22時)で、〈世の中の無駄な時間〉として、ゲストのカンニング竹山が『イチから料理を作る人』を挙げた。

「イチから(料理を)作んないでも、売ってるものいっぱいあるんですよ」と口火を切った竹山は、『語弊があるかも知れない』と前置きしてから、

「『餃子行きましょうよ』『餃子パーティーしましょうよ』って言う時に、『餃子の皮から作りました!』みたいな人いて、『それ、いる!?』と思うんですよ!」

と、竹山はいささか″身も蓋もない″と取れる発言をし、

「人生の中で餃子食べた時に、『この皮美味いね』と思ったこと、今の一度も一個も無い!!」




「スーパー行ったら、あれだけ餃子の皮がいっぱい売ってんのに、いらないですよ(手作りの)餃子の皮なんか」と、立て続けに放言するや

「餃子の皮を作る力を注ぐんだったら『餡を頑張れ』もうちょっと!!」と、とうとう竹山は″手間暇かけた″『手作り餃子の皮』を、完全否定。

そして″竹山節″は、さらに暴走のスピードを全く緩む気配を見せないまま、『またしても』お馴染みの中華料理に突入!!

「麻婆豆腐だってイチから作っていいんだけど、『麻婆豆腐の素』みたいな物いっぱいあるわけじゃないですか。それにアレンジを加えて辛く色々したほうが早いのに、豆板醤からどうだとか、それもイライラして!」

「で、『料理上手です!』みたいに言うのが、『オマエ、上手くねーから!もう充分だから!!』」

と、険しい表情で吠えまくる竹山に、とうとう出演者達は若干引き気味に・・・。




その空気を察したのか、竹山の『ほとぼり』を冷ますように「カレー、イチから作る人っていますもんね……」と、MCの松本人志が優しい声で、竹山の持論に同意するようなコメントを投げるも、

「いる!カレーをスパイスから作る人。『お前のスパイス日本で食いたくねえ!!!』」と暴言を吐き、竹山は″より″過激に『爆発』した結果となった。

皮肉にも鎮火するどころか『火に油を注いだ形』になってしまった松本は、もう″お手上げ!!″というように、『炎上!!』と竹山にサジを投げ話題を締め括った。

今回、竹山の暴走は思わずヒヤヒヤする程過激なものばかりであったが、数々の辛辣な暴言もあくまで信頼関係の上のもので、これからも仲間と変わらずテーブルを囲んで欲しいと、他人事ながら祈るばかりである。

(香里 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©cuileinbu PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る