「テレパシーを発する宇宙人」にショットガンを発射した男性が逮捕

アメリカのテネシー州にて、自分を苦しめる「テレパシーを送る宇宙人」を阻止するため、隣家に向かってショットガンを発砲した男性が逮捕されるという奇妙な事件が発生、法律問題に発展している。

この奇妙な事件は20日日曜日の夕方、テネシー州ホーキンス郡ロジャースヴィルの住宅街で男が銃を乱射しているという通報を警察が受けたことから始まった。ホーキンス郡保安官事務所の副官であるダスティン・ウィンター氏がほどなくして現場に到着、容疑者であるジェイミー・リー・マクガイアという男性に話を聞くことができた。だが、彼が発砲した理由はにわかには信じがたい内容だったのである。

報告書によると、マクガイア氏は「エイリアンがテレパシーを執拗に自分に送って攻めてきた」と説明。テレパシー攻撃は数日に渡っていたが、20日についに頂点に達した。しかし彼は隣人の敷地の反対側にある倉庫にエイリアンの姿を発見。ついに元凶の姿を目の当たりにしたマクガイア氏はショットガンを持ち出し、エイリアンに向かって撃ち始めたという。




おそらく、エイリアンによる精神的な嫌がらせに終止符を打ちたかったのだろう。

だが、このような事が本当にあり得るのだろうか。警察もその点を疑って違法薬物の使用を確認したところ、マクガイア氏は土曜日に薬物使用を認めたという。そしてウィンター副保安官との会話の中で、マクガイア容疑者は「気分が良くなるからエイリアンからのテレパシー通信を遮断するのに役立つだろう」と考え、薬物摂取した事実を語ったそうだ。

地球人をテレパシーで拷問するエイリアンが実在するかはともかく、マクガイア氏は無謀な危険行為と薬物接種で逮捕される結果となった。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Sascha Luehr / PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る