山の神、妖怪「やまなりさん」

「やまなりさん」は基本山に住んでいる。

時折麓の人間の家に姿を現す。20代位の若い男の顔をしていて、その顔は家の窓ガラスほどの大きさである。地面を這いながら移動するらしく、周囲の草が倒れている。

「やまなりさん」が、出現するとお酒やお供えを用意してお祭りする。

【怪談朗読】集落にまつわる怖い話&不思議な話・全12話【詰め合わせ】

死体を食べ散らかす妖怪「かじり」 
魔物を倒す!地域の守護神・ろじんさま
初雪の山には入るべからず、山の習慣
マタギたちに伝承される神の声・サカブ

(山口敏太郎 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Republica PIXABAY




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る