【コロラド発】家にあった聖ミカエル像の額から突然、出血した!?

世界中で報告されている現象に、キリスト像やマリア像が涙を流すというものがある。時には血の涙を流す様子が確認されることもあり、これらの現象は不幸や天変地異の前兆ではないかとされる事もある。

そんな中、先日アメリカのコロラド州にて、一般住宅に飾られていた聖ミカエル像が突然額から出血し始めるという事件が発生した。

この奇妙な事件は2月23日の夜、デンバー郊外のブルームフィールドにて発生した。この家の女性が友人と電話で話していたところ、ルームメイトが騒ぎだした。何事かと思った女性が電話を切り上げ、確かめにいったところ家に飾られていた大天使ミカエル像の顔に、血に似た奇妙な液体が流れ落ちているのを発見したという。

Statue of St. Michael the Archangel Begins Oozing Blood Before Russia Invades Ukraine on Feb. 24!

彼女は「泣いているのではなく、額から血を流していたんです」と強調する。しかし同時に「悪い感じや不吉な印象は受けなかった。何とも言えない感覚でしたが、美しいと思ってしまいましたね」と語っている。その後彼女が神父である友人に相談したところ、この出来事は非常に「驚異的な出来事」であり、彼女の家が祝福されていることを意味していると伝えられたそうだ。




またあるシスターには、この像は大天使ミカエルが悪魔を打ち倒して踏みしめている姿を象っているため、足下にある悪魔の頭に「ミカエルの血」が到達すれば、不思議なことはなくなるだろう、と教えられたという。しかし、一週間以上たち足元の悪魔像に血が到達しても血は止まらず、現在も流血は続いているというのだ。

女性はこの奇妙な現象を動画に収め、ソーシャルメディアに投稿して広く意見を募ろうとした。しかし数人からデマだと非難されたため、その映像を削除してしまったという。女性は「これは詐欺ではありません。有名になるために作った映像でもありません。きっと神から与えられた神聖なものだた思っています」と反論している。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Mother & Refuge of the End Times / YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る