呪われた絵画を譲ります!?eBayに登場したいわく付きの絵

火事を呼ぶ「泣く少年」の絵や怪異を呼ぶ「叫ぶ顔」の絵など、曰く付きの絵は世界中に存在している。

そんな曰く付きの絵が海外のオークションサイトeBayに登場して注目を集めている。

出品者の男性は先日、フリーマーケットにてわずか50ドルで絵を購入した。人形と一緒に遊ぶ幼い女の子を描いたもので、パステル調の可愛らしい印象を受ける絵だ。しかし、男性は前の持ち主から「不幸しかもたらさない」と警告されたという。

一見しただけでは不気味さもなかったし、かなり安かったので特に気にせず購入を決めた。しかし、この絵を持ち帰ってからというもの、男性の周りで奇妙な事が起き始めた。眠れなくなったり、家に虫がわいたり、ペットがいなくなったりと小さな不幸が訪れるようになり、本人曰く「壮絶な負け癖」と常に「惨めで孤独で不安な気持ち」を抱えるようになってしまったのだ。




そこで男性はeBayで他の誰かに絵を売りわたし、自分の手元から遠ざけようと考えているそうだ。

「この作品を作るために誰の呪われた血が絵の具に混ざったのか知らないが、その力は強い」と彼は書いている。

そんなに曰く付きの物品なら、いっそ燃やしたり破いてしまえば良いのでは、というコメントもよせられていたが、男性は「確かに絵に火をつければ、その絵がもたらす邪悪なものを世界から取り除くことはできるだろうが、それと同じくらい簡単に邪悪なものを解放してしまうことになる。燃やすことで事態が10倍悪くなる事も考えられる」と述べている。

この「呪いの絵」のオークションは50ドルからスタート。男性は「私が買った金額ですが、私が経験したことのすべてを埋め合わせるために、もっと高く売れることを望んでいます。しかし、入札する前にこの絵が危ないものである事をお忘れなく」と注意喚起している。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Dan Smith / eBay

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る