『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系列 21時58分〜)2月25日の放送では、ゲストのウエンツ瑛士が「アガリ症のかたとかいらっしゃるじゃないですか。僕、人とは比べものにならない位ドキドキがあって、もう震えちゃったりとか」と、思わぬ悩みを打ち明けた。

周囲からは『緊張してるだけだよ』と励まされても釈然としなかったウエンツ。ついに思い切って病院に行きレントゲンを撮ることにしたという。

診察の結果「ウエンツさん、めちゃくちゃ心臓小さいです」と、“まさか”の結果を医師から告げられたとのウエンツの告白に、出演者一同「えーー!!」と驚愕。




そして、ウエンツは「だからドキドキが人の倍以上。心臓がちっちゃ過ぎて『馬力』が無いんです」と、続けると再び愕きの声が挙がった。

また、その際に医師から『ノミの心臓じゃないですけど』って、言い方をされたとウエンツが自虐気味に話すと、これには出演者一同、思わず爆笑。

ウエンツは、医師からの「階段の上り下りは、エスカレーター使わないで下さい」とのアドバイスを厳守した結果、『心臓の筋トレ』が功を奏し「今、どんどん落ち着いてきてるから緊張もしないし、ガンガン行けるようになってる」と、無事、大きくなった心臓をアピール。

そして「今までの俺は本当のオレじゃなかったです!」と、“うそぶく”ウエンツに一同爆笑。




続けて「人前に出ても、どんどん笑い取れるし!」と、止まらないウエンツ。それに対し、「ン?」「ナニ??」と、聞こえないふりの松本に負けじと「何ですか?」と、ウエンツはとぼけた。

しかし、ウエンツのどこかドギマギしている様子を見逃さなかったか、MCのフットボールアワー・岩尾望が「だいぶエスカレーター使ってんちゃう?」と、ウエンツの心臓が、小さく戻ってしまったのでは?と取れる、絶妙なツッコミを入れて番組は次の話題に移った。

何はともあれ、ウエンツの悩みは無事(?)解決したようだ。

『ノミの心臓』から『心臓に毛が生えた』にバージョンアップを遂げたかもしれない、今後のウエンツによる一層の活躍を楽しみである。

(香里 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Gerd Altmann / PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る