プーチン大統領に「ウラジ・パパ(Vladdy daddy)」と呼びかけるメッセージ

24日(日本時間25日未明)ロシアがウクライナに軍事侵攻を開始、首都キエフでも爆撃が確認された。このままでは更なる戦争に発展する懸念が高まる中、戦争反対を掲げるデモ等も各地で行われている。

中でも興味深いのが、インスタグラムに存在するロシアのプーチン大統領の非公式ファンページだ。

ファンが運営する「@vladimir.putin_official」には現在、少しでもプーチン大統領に軍事侵攻を止めてほしいと伝えようとする多くの人々のコメントが殺到している。その中で興味深いのが、プーチン大統領のことを「ウラジ・パパ(Vladdy daddy)」と呼ぶ人が増えている。

これは主に若い女性からの書き込みに多いようで、ほかにも「パパ」「赤ちゃん(baby)」と呼びかける人も。これらのコメントの多くには「懇願する目」と「失恋」の絵文字が含まれており、どうやら反戦のメッセージに加えプーチン大統領が愚かな行為をしていることを表現しているようだ。




同時に真剣味がそこまで伝わらないため、発信者らもおふざけ気分で書き込んでいる可能性も考えられている。

なお、これらのメッセージはその多くが4週間前に始まり、真剣なものなのか荒らしなのかは不明とのこと。プロフィール写真でみると若い女性が多いようだが、認証済みのInstagramアカウントのものではないものが大半だという。

Meta Platformsの広報担当者は以前ロイターに対し、プーチン大統領がFacebookやInstagramに公式な存在感を示していることは把握していないと語っている。Twitterに存在するプーチン大統領の公式アカウントも、ユーザーの誰一人としてフォローはしていない。

これらの事実から、少しでもプーチン大統領にメッセージを届けようとする人たちが起こしたのがインスタグラムのファンページで「パパ」と呼びかけることだったのかもしれない。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Victoria_Borodinova / PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る