「パスカグーラ事件」宇宙人は地球人に未来を伝えに来ていた!【後編】

(前編より続く)彼によれば、見せられたビジョンの中には今も世界中で猛威を奮っている新型コロナウイルスの蔓延もあったという。

中でも驚くべき「未来のビジョン」は、第三次世界大戦に関するものだ。

現在、ウクライナにて緊張が高まっているが、ロシアがウクライナに軍事侵攻する可能性とともにプーチン大統領がウクライナに「すべての爆弾の父」と呼ばれる44トンの爆弾を投下する侵略のための軍隊を準備している、という推測が出てきている。そこから大きな軍事衝突、ひいては戦争にまで発展する可能性も囁かれている。

そんな現状と、宇宙人に見せられた未来のビジョンが似通っている、とパーカー氏は語る。




「一方が他方を非難するような大きな戦争が起こるでしょう。私が見せられたビジョンの中では、人々の皮膚が体から溶け落ちる兵器が出てきていました。これが核戦争かどうかはわからないのですが、国家と国家が戦うことになる。この戦争に巻き込まれない国は地球上に存在しないでしょう。戦争が終わったら、土地は荒れて何も育たなくなり、人々は餓死する。水も出なくなる」

非常に恐ろしいビジョンだが、人類はこの紛争から立ち上がるだろうとも語っている。

「しばらくすると、人々は癒され始め、みんな一緒になって自分たちが犯した過ちに気づくでしょう。物事はゆっくりと、しかし確実に良くなっていくでしょう」とパーカー氏は述べる。

果たして、宇宙人の見せたビジョンは本当に未来を示しているのか。我々はそう遠くない未来に、答え合わせをすることになるのかもしれない。

エイリアンによる誘拐:パスカグーラの男は、エイリアンと遭遇したと言います

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©FOX10 News / YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る