登山する人たちに怒鳴ったり悪態をつく女の幽霊が出る!?

イギリス、サマセット州には雄大な景観が広がるクアントックヒルズという景勝地があり、昔からハイキングや登山で親しまれている場所でもある。だがこの山には、不気味な言い伝えが残っている地域がある。

その名も「デッドウーマンズ・ドッチ(Dead Woman’s Ditch)」と呼ばれる地点で、かつてこの場所で夫に殺されたジェーン・ウォルフォードという女性の霊がこの場所を今もさまよっていると言われているのだ。しかし、この名前で呼ばれるようになった理由については諸説ある。なぜなら、彼女が殺害された年代よりも前からこの名前で呼ばれており、地図にも記載されているからだ。

しかし、この地域で昔から女性の幽霊が目撃されたり、奇妙な体験をしたという人が多いのも事実だ。典型的な体験談としては、周囲に誰もいないはずなのに悪態をつく女性の声がしたとか、女性の叫び声を聞いた、というものだ。




この場所を調査しているゴーストハンターのクリスティーンさんとデイヴ・トーマスさん夫妻は、「ここから立ち去るように」と告げる何者かの声を聞いたことがあると主張。「ここには間違いなく何かがいる」とデイブさんは語る。

また、地元の人の中にもここで奇妙な体験したことがある人もいるとか。

「17歳くらいのとき、仕事帰りにこの場所を通り抜ける道を走っていたら、道端に真っ白な人影が見えたのでスピードを落としました。それは白い古風な服を着た女性のように見えました。車で通り過ぎるとき、目を離すことができませんでした。もう一回見ようと思いましたが、振り向く気にはなれませんでした」とある住人は語る。

果たして、この地には何が住み着いているのか。この地で起きる霊現象については、現在も決定的な結論は出ていない。

Quantock hills, dead woman’s ditch

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©rottonara PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る