魚は実はおしゃべりだった!?

金魚や熱帯魚など、魚を飼っている人も多いだろう。静かに水槽の中で泳ぐ姿は見ているだけで癒されるものだが、「もし魚と会話できたら」と考えたことはないだろうか。

そんな無口に見える魚たちだが、実は鳴き声を発しているうえに、声でコミュニケーションを取っていることが明らかになった。しかも特定の魚に備わった能力と言うわけではなく、普遍的なものだという。

魚の声は特殊な音響機器を使うことで聞き取ることができるという。コーネル大学の進化神経科学者であるアンドリュー・バス氏によれば、「これまで水中音響コミュニケーションの研究は主にクジラやイルカに集中しており、魚類のコミュニケーションについてはおそらく見落とされてきたと考えられます」と述べる。




今回の研究ではコミュニケーション能力をさらに調べるため条鰭類(Actinopterygii)に属する魚たちを対象に調査を行い、発音を可能にする様々な生理学的特徴を確認したという。それによると歯を鳴らしたり、筋肉を収縮させることで音を出し、互いにコミュニケーションを取っていることが解ったという。

気になる魚の鳴き声は実際に録音されており、YouTubeなどで聞くことができる。近い将来、飼い犬や飼い猫のようにペットの魚用の翻訳機ができるのかもしれない?

Talking fish: the longspine squirrel fish

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©marinamarusya13 PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る