竹内涼真、プライベート衝撃告白連発!「家では裸族!!」

1月26日の『TOKIOカケル』(フジテレビ水曜日23:00〜)放送回は、「竹内涼真(28歳)に友達って事で聞いていいですか?」と題し、竹内が“プライベート大公開NG無し!”の衝撃告白を連発した!

竹内による同番組出演は9ヶ月ぶりで、前回2021年4月放送のアーカイブVTRを見ながら、マネージャーが家に遊びに来た際「女っぽ」と言われるくらいに家にドライフラワーを飾ったり、また色鮮やかなアクアリウムを紹介したが、「本当は下ネタもガンガン言いたいし(オッパイ大好き)」とインスタ関連画像は見せられないとスタジオ大爆笑で当時を振り返った。

国分太一から「1日のルーティンを教えて」の質問に、普段プライベートが見え難い、竹内のある日の“休日ルーティーン”をお馴染みの24時間の円グラフで紹介した。

(円グラフの内訳)
0時〜7時半睡眠、7時半〜8時起床コーヒータイム、8時〜9時起床、9時〜11時半朝食&支度、11時半〜13時トレーニング、13時〜14時昼食、14時〜17時台本読みなど、17時〜20時紳士会、20時〜21時お風呂、21時〜0時仕事の準備




ここ3〜4年は休みの日でも早起き、寝る時に「服着ません。パンツも履きません」と、なんと裸族である事を激白。続けて、お風呂で温まって寝る前に服を全部脱いで布団に入るのがベストで、小さい頃からの“全裸”スタイルが習慣だと明かした。

松岡からは「もうターザンじゃん」と突っ込まれ、更に朝起きて竹内がやる事は「(トイレに行ってから)まずパンツを履きます」と語り、コーヒーを飲む時、朝食を食べる際はパンツ一丁で過ごし、出かける前に服を着るという、「なんで皆服を家で着るの?」と疑問を投げかける程、ガチ裸族である事を衝撃告白した。

続けて、ジムで仕事のストレスを発散、記憶が飛ぶ程ワークアウトすると言い、ロッカーの暗証番号も分からなくなるくらい頑張ってしまうと話す。また台本読みは自宅の時もあれば、外出してお店などで読む事もあるという。なお、帰宅後お風呂に入るまでは洋服は着ている(お風呂でクリーンになると裸なようだ)という。

20歳で芸能界入りし、2014年に「仮面ライダードライブ」の主役に抜擢された竹内。「一人暮らしで最初に住んだのどんな部屋?」の質問に、歴代のライダーたちには有名なエリアだという撮影所近くの大泉学園駅、1年半住んだ家賃5万円の6畳一間は思い出深いようだ。

また、現役ライダーの際、ライダーチームで集まろうと1度ハロウィンパーティーに参加。その際、竹内はライダーのメイク室にあったまっ金キンのドーランをメイクさんに塗ってもらい、顔だけ金のまま、パーティー会場への移動の電車では連結部分付近でずっと下を向いていたことを告白した。




そして番組最後には、CHAGE &ASKAの「LOVE SONG」を城島茂(TVで4年ぶりの歌)、箕輪はるかと3人で歌い、竹内の歌ウマな美声を披露した。

今回の番組で普段はうかがいしれない側面を次々と知ることが出来、またその男らしい雰囲気の中に優しい瞳が魅力な竹内、今後の活躍もチェックせずにはいられない。

2022年2月4日(金)から全国東宝系にて公開の『鹿の王』では謎の病の治療法を探す医師ホッサル役の声優を務め、さらに2022年2月25日(金)からHuluで独占配信開始の『君と世界が終わる日に』という、主演(生きる屍ゴーレムでゾンビサバイバルを繰り広げる響役)作品もこれまた楽しみである。

(田岡令梛 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『竹内涼真写真集「Ryoma Takeuchi」

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る