南アフリカに着陸、基地になったUFOをGoogle Earthで発見!?

先日、アトラスではGoogle Mapsの衛星写真が「南極の岩の上に着陸したUFO」らしきものを捉えていた?と報告した。

  南極大陸の岩の上に着陸したUFOが発見された

ところが今度は南アフリカにて着陸したUFOらしきものが確認されたという報告があった。問題のUFOはGoogle Earthにて南アフリカ共和国の砂漠地帯を調べてみると表示されるという。砂漠地帯の小さな木立の中に、明らかに人工物のような灰色の奇妙な楕円形の物体が存在しているのだ。

Hidden UFO Found On Google Map, South Africa! UFO Sighting News.

この物体を発見したのは海外のUFO研究家であるスコット・ワーリング氏。彼はGoogle Earthで南アフリカ共和国の砂漠地帯の画像を調べていたところ、この物体に気がついたという。

この物体がいつから存在するのか、Googleサービスでこの地域の履歴画像利用して調べてみたところ、この物体が最初にこの場所に現れたのは2015年の5月頃。その当時は土の上に大きな円が浮き彫りになっているような光景だったという。




その数カ月後に撮影された写真には、物体の近くに伸びる道路と1組の白いトラックが捉えられていた。そこからワーリング氏は「宇宙船がこの場に着陸ないしは墜落し、その姿を隠しながら生活しているのではないか」と推測している。問題の道路は近くの都市へ向かう道で、新しい技術を地元の人々に提供して人類を導いているのだそうだ。

確かに興味深い説ではあるが、単純に上空から見たら変わった形状をしているただの建物にすぎず、単なる観光施設ではないかという指摘も存在している。果たして、真実はいかに?

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©UFO Sightings Daily / YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る