しょこたん、バッグの中の「恵比寿タワマンの気まぐれ女性」って?

2022年1月某日 しょこたん家

「中川さん、お疲れ様です!」と、前触れもなく突然現れたマネージャー。ジュース片手にスマホを眺めていた、すっかりリラックスモードの中川翔子は、思わず「おぇっっ!?」と声をあげ、かなり驚いた様子から始まった、1月24日更新、YouTubeチャンネル『中川翔子の「ヲ」』は・・・?

過去、「視聴者を圧倒した!」と、反響の大きかった人気企画、『抜き打ちで、バッグの中身を紹介』の第3弾!!。

今回の企画を伝えられ、「ヤバいですよ今!」「車で移動するので(荷物が)多くなっちゃう!しょうがないの!!」と、荷物の多さを指摘されると思ったか、かなり焦っている様子でエクスキューズする中川。

中川が現在使用しているバッグは、昨年、ドラマ出演の記念で購入したという、『ディオール』のトートバッグ。曰く、″まだ数回しか使っていない″という割に、パンパンに膨れ上がったバッグをマネージャーに指摘され、「ちっちゃくしたいけど心配性が治まらない。″念の為″なの!!」と、溜息をつきながらイジける。

そんな様子の中川をよそに、カメラはセッティングし直され、「2022年バージョン、中川さんのバッグの中身見せてください!!」と、マネージャーは張り切って企画がスタート!!。対し、中川は「どおしよ」「怖い……」と、力無くつぶやく姿は、マネージャーと余りにも対照的。




先ず、最初にバッグから取り出したのは、″サクッと出掛ける為に″という、『バレンシアガ』の小さなバッグ。そして化粧品などと一緒にバッグの中に入っていた、80年代風ドナルドダックがプリントされた『グッチ』のカードケースに「(ドナルドが)″宇宙″だし、本当可愛いですね!!」と、中川らしい言い回しが早速飛び出した。

他には、オーガニック系アロマオイルが収められ、もっと色々入っていると思っていたのか、マネージャーが拍子抜けしていると、「(荷物が少なくて)カッコいいでしょ!」と、自慢げな中川。

そしていよいよ、中身チェック″本題の″大きなバッグへ・・・。

最初に出てきたのは、アトマイザーに移した香水3本。中身がどれか分からなくなった中川は、それぞれを匂いを確認して「腐ったアップルパイみたいな匂いがする!!」「ふなっしーの″はとこ″みたいな匂い!!」「ブルガリアヨーグルトばっかり食べてる女の子(みたいな匂い)!!」と、立て続けに少々支離滅裂な″しょこたん節″に、スタッフはいささか引き笑い。

その後も、リップやファンデーションなどの化粧品が無数に飛び出したが、新たに登場した香水3本のそれぞれの匂いを確認した中川。「栗色の髪をハーフアップにして、長袖のワンピース着てて″ど金持ち″だね!」「80年代のアメリカの匂い。18歳の″プロム″(※)控えたショートパンツの!」「オレンジ(の香り)!ショートヘアーの陸上部!」と、やっぱり中川らしい独創性で香りを表現。するとマネージャーが「あー。陸上部の感じ、凄いわかる」と共感を示すと中川はとても嬉しそうな表情。




その他、バッグからはiPad、任天堂switch、ブラシ、お菓子、鉛筆、充電器、そして「気分で替えたい」と、色違いのスマホケースが・・・ところが、マネージャーには同じモノの色違いを持つというところがどうしても理解し難いらしく、「中川さん、いよいよ頭おかしいレベルじゃないですか?」と辛辣なコメント。

しかし中川は、怯むことなくその場でスマホケースを付け替え、笑顔で「可愛い!!」と、なかなかの厚顔無知さ。

持ち物チェックが順調に進む矢先、やはり“さらに2本”の香水が・・・。そして「恵比寿在住のタワマンで、気まぐれに、深夜ビスケット焼いてる!」「″湘南の風″感じてるいい女!」と、それぞれ″しょこたんらしく″香りを描写。持ち物チェックは次に進む。

その他には、アクセサリー、胃薬、アイルランド製の入手困難な美容液など、ここでまたまた香水の登場に「(荷物が)重いワケだわ・・・」と、ついにうなだれる中川。

「大体こんな感じですかね」「さあ、どうしようか・・・」と、中川は途方に暮れた様子。
机に出された実に様々な品物。やはり数で目立ったのは、リップ17本&香水14本だった。

「(以前より品物を)減らしたつもりだったんだけど・・・」と言う中川に、「増えてますよ!!」と、呆れ声のマネージャー。「どういう事でしょうねえ・・・」「自分でも(品物の量に)ドン引きしました」と、バツが悪いのか、顔をうつむかせたまま返答して企画は終了。

今回の動画では、先ず中川が論説した、1つ1つの香水の独特の匂いに笑わされっぱなしだったが、そんなイメージが咄嗟に湧く頭の回転の速さに「流石!」と感服した。また、筆者自身も香水や化粧品が大好きで、現在もバッグにリップや香水が複数入っていることから、中川の気持ちは往々にして理解出来る。が、男性であるマネージャーには、そんな女心への理解は少々難しいのかも知れない。

とはいえ、今後もますます荷物が多くなっていくかもしれない中川を、ぜひ温かく見守ってほしいものである。

関連動画
カバンの中身チェック…。2022年は断捨離を頑張りたい…

※プロムナード(舞踏会)の略称。イギリス・アメリカ・カナダの高校で、学年最後に開かれるフォーマルなダンスパーティー

(香里 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『SHOKO-PEDIA 中川翔子音楽活動第一期記録集

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る