バイデン大統領「クソ馬鹿ゲス野郎…」大失言、マイクがオンに!

1月24日月曜日(現地時間)、ホワイトハウスで行われた記者会見で、ジョー・バイデン米国大統領があろうことか、不適切な言葉で記者を罵った声がマイクに拾われた。

このことは、FOXニュースのピーター・ドゥーシー記者からの「インフレは政治責任があるのではないか?」と投げかけられたバイデン大領領、その際によほど腹に据えかねたのか、“言ってはいけないワード”で記者を罵った。

「Stupid Son of Bitch(馬鹿なクソ野郎め)!」




このとき、どうやら大統領はマイクがオフになっていないことに気付いていなかったようである。

なお、ドゥーシー記者自身はこの発言を「聞こえなかった」と言っていたが、直後のFOXニュースではこの件をイジられた記者、スタジオにいるキャスターたちと一緒に大いに盛り上がっていた。

その後、大統領はドゥーシー記者に詫びの電話を入れ、記者もそれを快く受け入れたという。

(ジュリー楊 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Joe Biden / Gage Skidmore

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る