イギリス警察公式文書 UFO及び宇宙人に関する奇妙な報告書

イギリスのある警察署が、定期的に市民から受ける「奇妙な通報」の一部を公開した。

それは緊急オペレーターが2021年中に受けたUFOや宇宙人に関する通報だ。これらはウェスト・ヨークシャー警察が情報公開請求に応じ、過去1年間に地元住民から受けた「この世のものでないもの」を目撃したり遭遇したという報告を明らかにしたというものである。

最初の通報は4月に寄せられたもので、「現れては消える」UFOを15分ほど見たという男性からのものだった。5月には「空に星のような固い光がいくつも動いているのを見た」という住民からの通報があったが、その物体は「等間隔に並んでいた」そうなので、この未確認飛行物体の正体は世界中でUFO騒動を巻き起こしているスペースX社のスターリンク衛星ではないかと考えられている。




また7月にはある男性が「空に浮かぶ白い球体」について通報してきたが、こちらの物体は時々「流れ星のように」飛び去ったり、ふっと消えたりしたという。驚くことに、この物体は2晩続けて出現し、合計で10個の謎の光が確認できたそうだ。男性は幸運にもこの奇妙な物体を動画に収めることに成功したというが、警察に提出はしなかったようだ。

ここまではUFOの目撃証言だが、なんと「エイリアンに遭遇した」という通報も6件ほど寄せられていたという。ある例では、女性が「エイリアンに襲われた」と緊急オペレーターに告げただけだったが、年末には別の女性から「エイリアンに誘拐された」という通報があったという。また、「宇宙人に目に薬を入れられた」という男性からの少し危ない報告もあったとか。

彼らが目撃した物が何なのかは明らかになっていない。願わくはこれらの通報をした人々からより詳細な証言が出てくる事を希望したいものである。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©LionFive / PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る