JetBlueパイロット、高度11300mを飛行する「変身するUFO」に唖然

アメリカの格安航空であるジェットブルーの旅客機パイロットが、テキサス州上空で「変形するUFO」に遭遇、動画撮影に成功したとして話題になっている。

問題の動画は海外の投稿サイトRedditに投稿されたもので、投稿者の「OffshoreAttorney」はジェットブルー航空のパイロットとして働く親友からこの映像を受け取ったと語る。

映像は30秒程度、真っ青な空と厚い雲の層が転がるパノラマビューが映し出されている。動画が進んでいくと地平線上に白い点が数秒間現れ、ゆっくりと半透明に変化した後、雲の向こうに消えていく様子が確かに捉えられている。

パイロットによると、謎の白い物体は5分ほど滞在して消えたが、再び現れたときには目の前にいた別のUFOと合体していたという。




パイロットは「テキサス上空, 4:20 PM EST, 対地速度500、高度37000フィート(約11300メートル)。航空管制のレーダーには何も表示されず、交通衝突回避システムにも何も表示されない」と語っている。謎の物体が出現していた時間は5分少々だったという。

果たしてパイロットたちが目撃したものは何だったのか。

証言が事実であれば姿を消し合体するという非常に興味深い事例ではあるのだが、残念ながら動画で確認できるのは白い点でしかない。そのため視聴者からも「本当だったら最高にクールだったのだろうが、いかんせん小さすぎる」「拡大して見たい」というごもっともな意見が多数寄せられていた。

確かにもう少しはっきりと映った動画が欲しい所だが、気になる人は動画を確認してみてはいかがだろうか。

JetBlue Pilot stunned, as UFO appears beside plane at 37,000 ft.

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 airlines470 on VisualHunt

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る