トレジャーハンター、南北戦争の金塊発掘で司法省を提訴

ペンシルベニア州のトレジャーハンターのペアが、失われた南北戦争の金塊の大群の謎の発掘に関する文書を求めて司法省を訴えたと報じられている。

2018年3月、FBIがペンシルベニア州の森林を捜索し南北戦争中に消失した大量の金の延べ棒の大量を探し出した?という疑惑から始まった。アメリカのトレジャーハンターであるデニス・パラダ氏とその息子は何年もかけてこの事件を研究し、最終的に金塊が隠されていたと思われる場所を特定した後、当局をその場所に導いたと主張している。

  FBIは埋蔵金「南北戦争の金塊」を探しだせたのか?

しかしFBIは現場に赴いたものの、最終的に何も発見されなかったと主張。その公式見解を信じない親子たちと衝突することになったのだ。

その後パラダ氏らは州や連邦政府を相手に発掘の経緯、そして何より発掘された遺物の真偽を明らかにするために裁判を起こした。その結果、FBIはこれまで公表を控えていた南北戦争時代の金塊を探していたことが確認されたが、パラダ氏らは司法省の悪巧みに阻まれ、発掘の真の成果に関する答えを得られなかったと言う。




具体的には、パラダ氏はまず「この事件に関するFBIのファイルは存在しない」と言われたそうだ。その後司法省から2回目の資料検索が命じられ、発掘に関する2400ページもの資料と17本のビデオが見つかったが、すべてのファイルを公開するためには何年もかかると知らされたのである。そこで彼らは今週、司法省に対して発掘の記録を全て引き渡すよう訴訟を起こした。

パラダ氏らは、この発掘で本当に何も得られなかったのなら、なぜFBIはこれほどまでに口を閉ざすのか。この事件に関する情報を明らかにしようとしない背景には、実は金塊が発見されており、その回収が不可解なほど秘密にされていることを示しているのではないか…と考えるのは当然であろうと語っている。

南北戦争の最中に失われた黄金はまだペンシルベニアの森の中に隠されているのか、それとも連邦政府の金庫に保管されているのか。この疑問が解けるまでには、残念ながらあと何回か法制度が見直されないと難しそうだ。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 IceNineJon on VisualHunt.com

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る