ユリ・ゲラー、「失われた聖櫃(アーク)のありかを知っている」!?

世界的に有名な超能力者、ユリ・ゲラー氏がまた驚きの発言を行って注目を集めている。

スプーン曲げで有名なユリ・ゲラー氏はここの所驚きの発言をTwitter等で行っているが、今回は新年早々「失われた伝説の聖櫃(アーク)のありかが判明した」と告白したのだ。

失われた聖櫃とはユダヤ教における重要な遺物で、十戒が刻まれた石板を収めたとされる黄金の箱だ。しかし、バビロニアがエルサレムを征服した時に神殿が破壊され、聖櫃も一緒に姿を消してしまっていた。

何年もの間、研究者たちは聖櫃がどこにあるのか、あるいは現存しているのかを突き止めようと試みてきた。そんな聖櫃の在りかを突き止めた、とユリ・ゲラー氏はTwitterで断言。いずれ見つけにいくつもりだと述べたのだ。




ユリ・ゲラー氏によれば、「博物館の地下にある古代の石鹸工場をダウジングしたところ、直感が働いた」とのこと。

「私は契約の箱がどこにあるか知っている、必ず見つける。それは地球を揺るがす歴史的津波であり 考古学的・神学的な地震となるだろう。そう、親愛なる友人たちよ。反対は大きいだろうが、我々は聖なるアイテムについて話しているのだ。何もその邪魔をするものはなく、解放されて聖書の歴史的現実に世界に衝撃を与えるだろう」

しかし、ユリ・ゲラー氏はまだ彼が見つけたというアークの具体的な位置等の詳細を明らかにはしていない。よって、現状で彼の主張を裏づけることは非常に困難なままだ。

果たして、彼の証言通りに失われた聖櫃は見つかるのだろうか?

画像 ANDERSON-GELLER 67 / TaylorHerring

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る