金魚を訓練して「車」を走らせ、移動させることに成功

海外にて、「水槽内の魚に車を運転させる」という興味深い実験が実施されて注目されている。

イスラエルのベングリオン大学の科学者グループは「魚が自分の意志で操作する乗り物」を開発した。これは水槽に車輪がついたもので、魚の水槽内での動きを読み取って移動する事ができるというもの。研究者たちは、6匹の金魚にこの車の使い方を教えることによって、魚がその航行能力を海の環境から陸の環境に移すことができることを実証した、と述べている。

実験では金魚たちは最終的に「スタート地点に関係なく、行き止まりを避け、正確でない位置を修正しながら、乗り物を操作し、新しい環境を探索し、目標地点に到達することができた」という。水槽を「運転」するために、特定の方向に泳ぐだけでよい事を学習した魚たちは時間が経つにつれて、目標地点に到達するまで30分かかっていたのが1分弱になった魚もいたという。




この実験は、他の動物のナビゲーションスキルを評価するこれまでの取り組みを反映したものである。

「魚の脳が表現する空間とその戦略は、陸上環境でも水中環境と同様に成功する可能性があります。このことは、空間が環境間で表現される方法に普遍性があることを示唆しています」と、研究者は記している。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Ronen Segev / Twitter キャプチャ

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る