【イギリス発】散歩中の愛犬「エイリアンの遺体」を食べてしまった!?

浜辺を愛犬と散歩するのは楽しいものだが、イギリスから散歩中の愛犬が「漂着したエイリアンの死体」を食べてしまった!?という驚きの報告が寄せられた。

先日、イングランド北西部のマージーサイド州ワラシーでのこと。この町にあるエグレモントビーチにて、ある女性が愛犬を散歩させていたところ、奇妙な物体が浜辺に落ちているのに気がついた。それは半ば砂に埋もれていたが、全体が白く、横に長い飛び出た目、あばら骨が浮き上がっているように見える。体の周囲にはヒレのようなものがあり、全体的に角張った形状をしているようだ。

彼女の愛犬はその奇妙な肉の塊に興味を示し、なんと少し食べてしまった慌てて止めたという。彼女は奇妙な生物の死体を写真に撮り、Facebookに「誰か、私の犬が今日の午後、ビーチでエイリアンの遺体を食べようとしたんじゃないって、安心させてくれる?」とジョークまじりで投稿した。




thornback ray (Raja clavata), dead on beach
thornback ray (Raja clavata), dead on beach / tidepoolfan

この投稿は大きな反響を呼んだが、おおむね「何かの魚の死体じゃないか?」という意見が多かった。そして最終的に、イギリス国内の浅い海でもよく見られるイボガンギエイ(thornback ray)の死体である事が判明したのである。また、彼女が目撃した時刻と前後して、同じビーチに同種のエイが生息していた様子を捉えた写真も投稿されていた。

なお、気になる愛犬の様子だが「少しかじってしまったものの愛犬は元気」と女性は地元紙のリバプール・エコー紙の取材に答えている。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

トップ画像©Amy Ayobowen / Facebook

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る