高倉健に役者を勧めてくれた友人

名俳優として一世を風靡した高倉健さん。ただし最初の頃は役者になるとは思いもよらなかったようだ。

そんなふうに思っていたところ、ある友人が「役者にでもなれば・・・」と勧めてくれた。

そこで、いきなり当時の東映ニューフェイスに申し込むのはおこがましいと思い、芸能事務所のマネージャーに応募した。するとその場にたまたま居合わせた映画プロデューサーが高倉さんのイケメンぶりを評価、いきなり役者として採用されてしまった。




『これはお礼を言わないといけないなぁ・・・』と思った高倉さん、役者になるように勧めてくれた友人にお礼に言った。

すると友人は不思議そうな顔をしてこう答えた。

「俺はそんなこと言ってないよ」

得てして人生で重要なカギを握る発言をした人物ほど、そのことを覚えてないものである。

(隼 英人 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『電光空手打ち/流星空手打ち [DVD]

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る