菊地亜美を”いい女”に変える、エルメス・バーキンの魔力!?

新年1月2日放送された、『超私的ナイスバイ-コレ買ったの私です-』(TBS系列)では、芸能人が「これを買ったおかげで人生が豊かになりました!」という最高の買い物、2022年に買うべき一品を語りつくし、”人生の転機”になった計16品を紹介した。

番組MCは博多華丸・大吉、チョコレートプラネット(長田庄平・松尾駿)。そしてゲストの菊地亜美が紹介した一品とは、

エルメス バーキン(黒)
参考価格……1,276,000円

先ず、バーキンを購入した経緯について菊地は、「バーキンは20代の時に持つのは早い」という考えだったと語った上で、実際購入に踏み切ったきっかけとして「30歳になった時に子供が生まれ、30歳の記念と、ずっと使えて、娘に受け継げられるものは何だろうかと考え、バーキンを買った」と語った。




「(バーキンを買ってから)洋服もシックなものが好きになった」という菊地に、同じくゲストの、女優・常盤貴子とモデル・アンミカは、同じ女性として興味津々の様子。

そして番組は、菊地いわく、あくまでも”普通の日常”のプライベートの1日にカメラが密着した。

その”普通の日常”とは……。

《バーキン1つで生活が激変》

バーキンを片手に、シックにまとまったコーディネートで銀杏並木を歩く菊地。のっけから、プロモーションビデオさながらという事に、アンミカがすかさず、「お洒落な感じになってるやん!!」と、いささか不服そうにコメント。それに対し長田が「うるさいですよ……」と、アンミカをたしなめる場面も。

普段の元気いっぱいのイメージとは違って、首元にはパールのネックレスをあしらい、シックなお嬢様系ファッションでバーキンを両手に持ちながら、静かに歩く菊地。

「特に用事は無いんですけどー、銀杏が凄く綺麗な時期なのでお散歩しに来ました」と、菊地の、”らしくない”コメントに、「なんやソレ!」と一同爆笑。

スタッフの「今日はお洒落なファッションですね」との褒め言葉に、菊地曰く、「全然普段着ですけど!、いつもこんな感じ」とコメントすると、博多大吉が「嘘つけ!」と、苦笑い。

出演者全員呆れ顔なのに対し、常盤だけが、そんな菊地に対し終始、”微笑ましい”といった表情でいたのが印象的であった。

「コーディネートは、迷ったらバーキンに決めて貰う」「バーキンは私のスタイリスト」という菊地は、バーキンのアドバイスのお陰か?!筆者には確かに、なかなか良い感じのコーディネートに見えた気がした……。




次に、オープンテラスのベンチに座り、バーキンからおもむろにマグボトルを出す菊地。

「中はどんな飲み物が?」との問いに、「白湯(さゆ)です。水素水を沸かして冷ましました」と言い、美味しそうに飲む菊地。

「水素水?!」と、予想の斜め上を行くボトルの中身に、長田とゲストの魔裟斗も思わず苦笑い。しかし、白湯は白湯でも”水素水”というところに、筆者はどことなくお洒落に見えてしまったのも、やはりバーキンのお陰かも知れない。

菊地のVTRが終了し、博多大吉から感想を求められ「可愛かったー!」と優しい笑顔で絶賛した常盤に、菊地は「嬉しいー!!」と、とても満足そうに喜び、出演者一同からも「(常盤に対して)優しいなあ」と声があがった。

そんな常盤のお陰でスタジオの空気が微笑ましいものに包まれた。

最後に、「菊地さんにとってバーキンとは?」との問いに、

「バーキンは永遠のミューズ!!」
「永遠のNICE BUY」

と締めくくった。

誰にでも、身につけるだけでテンションが上がったり、菊地のようにキャラクターまでも変わるような気持ちになるアイテムが確かにあるような気がする。

今回、筆者には、バーキンを持った菊地も、バーキンから出てきたマグボトルの中身までも、”何となくお洒落”に感じてしまったが、女性には多かれ少なかれ、共感して貰える心理ではないだろうか。

日々の忙しさに忘れていたが、菊地のお陰で、近々、筆者のナイスバイを身に纏って、出掛けてみようと思った次第である。

(香里 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像philos from Athens on VisualHunt.com

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る