【バンクーバー発】「最もお化けが出る家」が売りに出される

カナダ・ブリティッシュコロンビア州のバンクーバーにて、「最も幽霊が出る」と噂されている曰く付きの邸宅が現在2600万ドルで売りに出された。

この物件は4118 Cambie Streetに建っており、6階建てのコンドミニアムになる予定だったが申請が取り下げられたため、現在売りに出されている。この家には超常現象にまつわる恐ろしい話がいくつかあり、「バンクーバーで最も幽霊が出る家」とまで言われている。

海外の幽霊屋敷を紹介するブログによれば、過去にこの邸宅のあった場所に「古代の埋葬地だったか、年老いた母親を殺害した男が住んでいた」といい、その後に建った家に住んだ人は皆、不思議な出来事を経験しているそうだ。

もし本当に古代の先住民の埋葬地だとしたら、亡くなった人たちが自分たちの終の棲家を邪魔されたくないと思っているかもしれず、超常現象が起きてもおかしくないと考えられているようだ。




この家で起こった怪異に関するエピソードは幾つかある。

たとえば、赤ちゃんをベビーベッドで寝かしつけた夫婦が部屋を出て間もなく、子供が泣き叫び始めたので部屋に戻ってみると、窓枠の端に赤ちゃんが置かれているのを発見したという話だ。

さらにある家族が入居して夕食に出かけたところ、帰宅すると荷解きしたはずの荷物がきれいにしまわれていたという。また入居した別の家族は、ちゃんと家の中で寝たにもかかわらず、翌日目が覚めるとスーツケースや荷物の箱と一緒に芝生の上に寝ていた事に気づいたというのだ。

他にも外からこの建物を見ると、最上階の窓際を女性の姿が歩く姿や、外壁を歩く影のような足を目撃した人もいるという。

あまりにも心霊現象が多く起こるため、幽霊をコントロールできないかと仏教の僧侶がしばらく住んでいたそうだ。しかしその後も怪談には事欠かないため、どれほど効果があったかは甚だ疑問である。

果たして屋敷の購入者は現れるのだろうか?

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Dean Moriarty / PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る