イーロン・マスクのニューラリンク社、人間の脳にチップを搭載のテスト開始

宇宙開発事業で知られるSpaceX社など複数の会社を率いるイーロン・マスク氏。彼の会社のひとつであるニューラリンク(Neuralink)社が、早ければ数ヶ月以内にブレイン・コンピュータ・インターフェイス・チップのテストを開始する予定と発表した。

人間にチップを埋め込む技術と聞くと、陰謀論でありがちな人間を操ったり管理するというチップを想像する人もいるかもしれない。しかしこのチップは身体的な麻痺などさまざまな衰弱した病状を持つ人々の生活を改善するために、大きな進歩をもたらす可能性があるものだという。

また、視力改善や自分の頭の中の記憶を再生する能力など、人間の状態を向上させる「力」を提供することも可能になるという。




これまでのところ、ニューラリンク社のチップは動物実験しか行われていないが、マスク氏は最近、早ければ来年にも人体実験が開始される可能性があることを示唆している。

「脊髄を損傷した人の全身機能を回復させるチャンスがNeuralinkにはありますーーー歩くことも腕を使うこともできない人が、自然に再び歩けるようになるチャンスが。過度な期待はしたくありませんが、私はこれが可能であるとますます確信しています」と、6日月曜日に開催されたThe Wall Street JournalのCEO Council Conferenceでイーロン・マスク氏は説明している。

人体実験のための最初のステップはFDAの承認を得る必要があるが、イーロン・マスク氏はこれについてもかなり自信を持っているようで、ニューラリンク社の「デバイスを埋め込むための基準は、FDAが要求するものよりも高い 」と述べている。

もしこのチップが成果を上げることができれば、それは確かに価値のある試みであり、身体的な障害を抱える多くの人々に革命をもたらすことになるだろう、と海外メディアは報じている。

Elon Musk:来年のNeuralinkによる人間の脳チップ

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像 Elon Musk unveiling Neuralink / jurvetson

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る