巨大な “幻のクラゲ “スティギオメデューサが目撃!を目撃!

カリフォルニア州モントレー湾の深海にて、非常に珍しいクラゲの姿が捉えられた。

その名はスティギオメデューサ(Stygiomedusa gigantea)、傘の部分だけでも1メートル、口腕は10メートルにもなる巨大なクラゲだ。全身は赤褐色でかすかに光る頭部からの周期的なパルスによって、海中の最も暗い部分を推進することができるという。

特徴としては他のクラゲが必ず備えている触手が退化していて刺胞がなく、毒を用いて獲物を捕らえる事ができないという。その代わりに大きく発達し、リボンのように広がる口腕で小さな生物を包み込むようにして補食しているのではないかと考えられている。

スティギオメデューサの最初の標本が発見されたのは1899年とかなり古い。しかし深海に生息しているためか圧倒的に確認された事例が少なく、新種のクラゲと判明するまでに60年を要した。その後110年で目撃例が110回と、驚くべきレア度を誇るクラゲなのだ。




今回確認に成功したのはモントレーベイ水族館研究所(MBARI)の海洋生物学者たち。彼らは遠隔操作の潜水艦「ティブロン」で海域を探索していたところ、水深975メートルの地点でこのクラゲに遭遇した。MBARIもこれまで1000回潜水を行ったにもかかわらず、スティギオメデューサには9回しかお目にかかった事がないという。

なお、今回の観察結果でスティギオメデューサの深海におけるその生態的役割が明らかになったという。以前からスティギオメデューサは遠洋性のThalassobathia pelagicaというアシロ目フサイタチウオ科の魚と共生関係にある事が判明していたが、今回の観察の際にThalassobathia pelagicaがスティギオメデューサの傘の上を回遊し、傘の中にある巨大な口腕の隙間に出入りする様子が観察されたという。

深海には隠れる場所がほとんどないため、深海性のクラゲと共生する形で隠れる場所を得ている魚も少なくない。今回のスティギオメデューサの事例も更なる調査を行いたいところだが、場所が深海である上になかなか見つけづらい「幻のクラゲ」であることもあって、生態調査は難しいようだ。

An extraordinary deep-sea sighting: The giant phantom jelly

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©MBARI (Monterey Bay Aquarium Research Institute)/ YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る