「パックマン」型生体ロボット 癌やプラスチック汚染の解決に期待

アメリカの研究者がカエルの細胞から、自分のコピーを作ることができる世界初の生体ロボットの開発に成功したという論文を発表した。

この生体ロボットは「ゼノボット」と名付けられたもので、アフリカツメガエル(学名ゼノパス・ラエビス)の胚から採取された幹細胞から作られた幅1ミリ以下のもので遺伝子操作は行っていない。

心臓細胞がこの小さな生体ロボットのモーターとして働いている。当初は球形で約3000の細胞から作られており、「キネティック・レプリケーション」と呼ばれる複製プロセスを行う。

研究チームはスーパーコンピューターと人工知能(AI)の助けを借り、ゼノボットがより複製を効果的に行えるよう数種類の形状を試行した結果、「パックマン」を思わせる形状になった。この形状になったゼノボットはペトリ皿の中で小さな幹細胞を発見し、パックマンの口に該当する部分の内側で数百個の細胞を集め、数日後にはこの細胞の集まりが新たなゼノボットになったという。




今回、ゼノボットを開発したのはバーモント大学やタフツ大学、ハーバード大学ビース研究所の研究チーム。この研究の責任著者であるタフツ大学のマイケル・レビン教授は、研究チームが「生物の行動や形態形成を研究できるように、自己組織化した新しい生物のシステムを作った」と述べている。

共同研究者であるバーモント大学のジョシュア・ボンガード教授は、次のように語る。

「外傷、先天性欠損症、癌、老化などの問題を解決する再生医療を実現するためには、細胞の集合体に『自分がしたいことをさせる方法』が必要になります。しかし、どのような細胞群が構築されるのかを予測し、制御する方法を知らないため、現状では困難です。生体ロボットのゼノボットは、水の中の環境を多様な方法でナビゲートし、ダメージを受けても回復し、創発的な集団行動を示すことができることを示しています」

研究チームによれば、ゼノボットは今後は臓器組織のような「大規模な解剖学的構造」にスケールアップされる予定だという。癌などの治療や、河川や海のプラスチック汚染に対応できる可能性が検討されている。

Scientists develop world’s first living robots that can ‘reproduce’

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る