【ペルー発】「縄でぐるぐる巻きのミイラ」は800年前の重要人物か?

南米ペルーにて、今から800年以上前のミイラが発見されて注目を集めている。興味深いことに、ミイラは全身を折り畳んで顔を覆うようなポーズをしており、その上で縄でぐるぐる巻きに縛られていた。

ミイラが発見されたのは首都リマ近郊にあるカハマルキージャの遺跡。今年10月中旬からペルーのサンマルコス国立大学の研究チームが発掘調査を進めていた遺跡から出てきたもので、今回の発見は完全に予想外だったと研究チームは語っている。




研究チームの考古学者によれば、今回発見されたミイラは今から800~1200年前の25~30歳の男性。ペルーの山間部からカハマルキージャを訪れた人物である可能性が高いとのこと。また、墓の前には複数の海洋軟体動物が、周辺からはラマの骨が発見されたという。これらは恐らく死者のための供物ではないか、と考えられるそうだ。

カハマルキージャは過去に商業中心地として栄えていた場所であり、海岸に近い。そんな場所の遺跡で海洋軟体動物が発見されたということは、この人物が亡くなって埋葬された後も継続してお参りし、供え物を捧げていた様子がうかがえるという。

これらのミイラをとりまく状況などから、この人物は当時の社会では地位の高い交易商などの人物であった可能性が高いとのこと。研究チームは今後も年代測定等の分析を行い、更に正体に迫っていければと語っている。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©cnn_co_jp / Twitter

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る