地の時代が幕引きし風の時代へ差し掛かった年となった昨年から、スピリチュアル界に新しい風を吹かす新星占い師達が出演する番組と言えばこれしかない!

毎週水曜放送中の「突然ですが占ってもいいですか?」(フジテレビ系列)だが、週の中日にほっと一息つくにはピッタリな番組である。

2021年11月24日放送回では、映画『キングスマン:ファースト・エージェント』(2021年12月24日公開予定)の日本語吹替で共演した小澤征悦(47歳)と梶裕貴(36歳)、アニメ映画『フラ・フラダンス』(2021年12月3日公開予定)で共演する美山加恋(24歳)と富田望生(21歳)が出演した。




梶裕貴が声を演じたエレン(『進撃の巨人』)の「駆逐してやる!!」という名台詞を借りて、小澤が占いを駆逐しにかかろうとしていた。そのせいなのか、星ひとみが占う前に部屋を浄化するため焚いたホワイトセージの火が消えてしまうというハプニングが!!

小澤の邪念が浄化の妨げになってしまったのであろうか!?新婚ホヤホヤで幸せの絶頂にあるはずの小澤の運気が、逆に駆逐されてしまわないのか不穏であった…。

富田の女らし過ぎる一面がダメンズを製造してしまう点や、清楚な見た目とは真逆の美山のビール大好きっぷりまでシウマに見透かされてしまった!

だがシウマの占いを覆そうとするかのごとく、一般の方(リモート)で強者カップルが現れた!!

たいちさん(25歳)とまほさん(27歳)の一見幸せそうなお二人であったが、想像もできない苦難を乗り越えていたのだった!

たいちさんは昨年、急性骨髄性白血病を患っていた。コロナ禍で面会もできなくなっていく中、まほさんのために別れを切り出すが彼女は心変わりしなかった。

だが退院後になんと、まほさんまで両足骨折してしまっていた。(神奈川から)地方に移り結婚する話を切り出された矢先のことであった。




たいちさんの携帯番号下4桁の合計「28」は、目標に到達できる力があっても障害にぶつかる数字なんだそうだ。

シウマの鑑定では、「二人の相性自体そんなに良くはない。相性が合わない時ほどけっこう試される」と手厳しい結果となってしまった。

シウマは地方で結婚しない方が良いことを伝えたが、鑑定した半年後のお二人は茨城に新居を構えていた。

しかも結婚は年内より2022年2月4日以降の方が、理想的であるとのアドバイスも聞き入れられなかった…。

なんとシウマの鑑定結果よりも、ネットの良い日ランキングで決めてしまったというのだ!占いよりも自分達のタイミングがベストという考えも一理あるが、シウマの心境はいかがなものであったろうか…。

事実は占いよりも奇なりということなのか!?占いはどうあれ、困難ありきでやっと今月入籍できたお二人の末永いお幸せを願いたい。

(ふりーらいたー古都奈)

画像『琉球風水志シウマが教える 2022年あなたの運勢

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る