「うちのアパートに幽霊は出ません!」証明するため24時間ライブ配信実施

幽霊の出る事故物件の話は多いが、中国にて驚きの方法で「幽霊が出ない」事を証明しようとする業者が現れ、注目を集めている。

中国の広東省掲陽市烏中区に建つとあるアパートが、前の所有者が死亡した後に売却することとなった。しかし、日本と同じく事故物件ということで、幽霊が出るのではないかという噂がたった。

なんでも烏中区人民法院が、亡くなった男性のギャンブルの借金を返済するために、この物件を差し押さえて競売にかけたため、その事を恨みに思った男性の霊が出るのではないかと言われたのだ。

そこで、裁判所は購入希望者に霊がもうこのアパートに住んでいないことを納得させるため、なんとアパート中にビデオカメラを設置。実際に住んでもらう人も雇い、なんと噂の事故物件の24時間ライブストリーミングを行うことにしたのだ。




問題のライブ配信があったのは9日火曜日。話題になった事もあり、実に4万人もの人々がアパートで人々が日常生活を送る様子を見守ることとなった。当然と言うか何と言うか、この変わった配信の間霊的な出来事は一切起こらなかった。裁判所はこの住宅が幽霊ではないことを証明でき、人々に納得させることができたと主張しているそう。

それではこのアパートが無事売却に至ったのかというとそうでもないようで、配信を見守っていた何万人もの視聴者の興味は「本当に霊現象を見られるかもしれない」点に向けられていたそう。

実際、配信を視聴していた人は誰も入札しなかったそうだ。しかし裁判所は、これで物件の瑕疵が無い事を証明できたとして、後日また競売を開催する予定だという。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Nick Magwood / PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る