頭が2つ、足が6つ、尻尾は2つ!?トルコで驚くべき子牛が生まれる!?

アトラスでは度々変わった姿で産まれてくる動物について報告しているが、この度トルコに驚きの姿で産まれてきてしまった子牛が現れた。

11月7日の早朝、トルコのシネ地区のバフチェアラシにある農場にて、一匹の牛から子牛が産まれた。その牛はなんと頭が2つ、足が6本、尾も2本あるという驚くべき姿をしていたのだ。

飼い主によれば、飼っている牛の一頭が妊娠していたものの、なかなか子供が産まれないことに気付いていたという。そこで獣医に連絡して看てもらったところ、母牛は双子を妊娠していたことが判明。しかし正常な出産はできないと考えられたため、帝王切開を行うことになった。




約2時間の手術の末に産まれてきた子牛は残念ながら死産だったのだが、そのうちの一頭がこの驚くべき姿の牛だったのだ。

この子牛は同州エフェラー地区にあるアドナン・メンデレス大学の獣医学部に運ばれ、解剖された。その結果、子牛は頭が2つ、前足が4つ、後ろ足が2つ、尻尾が2本、そして背骨が2重になっていた事が判明。専門家によると、非常に稀な遺伝子異常が生じた結果、結合体として産まれてきた個体である可能性が高いという事が判明した。

ちなみに今回の研究結果から、同様の牛が産まれてくる可能性が出た場合、牛の所有者に前もって知らせることができると期待されているそうだ。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Pezibear PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る