湾曲したUFO、再びジョージア州で撮影された…

アメリカ・ジョージア州にて、非常に奇妙な形状のUFOが捉えられた。

先週、同州のラヴォニア・コミュニティを車で通りかかった人が上空に奇妙な物体が浮遊しているのを発見。当惑した運転手はひとまず動画を撮影することにした。

その物体が映像こちらである。

Strange looking glowing UFO spotted in Georgia USA @DroneLife RC

抜けるような青空には白く曲がりくねったチューブ状のワームのようなUFOが浮かんでいる。目撃者は問題の物体にズームインしながら「UFO・・・あれを見て 」と呟いていた。

映像に捉えられた謎の物体は、一見チューブ状に見えるが、よく見ると重りのついた台座に長い筒状のアタッチメントがついているように見える。更に空に浮かんでいる間、この奇妙な物体は何度か形を変え、ときにはフライングヒューマノイドを思わせる形状にもなったとか・・・。




果たして、この奇妙な飛行物体の正体は何なのか。想像力豊かな視聴者からは「この物体はUFOではなく宇宙人なのではないか」という意見も出てきたようだが、先日アトラスで報道した、シカゴ上空に出現した棒状UFO(※どうやって浮遊?シカゴ上空に出現した曲がりくねった棒状UFO!!)との類似も囁かれている。

その一方で、その形状から何らかの気象観測用の気球ではないかという合理的な意見もあるようだ。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©DroneLife RC / YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る