半年前に飲み込んだ携帯電話、男性の胃から取り出される

エジプトより、なんと「半年前に携帯電話を飲み込んだ」患者の胃から、医師が携帯電話を取り出す事に成功したという驚くべきニュースが入った。

この奇妙な事件は、アスワン大学病院で、ある患者が腹痛を訴えて来院したことから始まる。ある男性が腹痛を訴えたため、医師が原因を探るためにレントゲンを撮ってみたところ、なんと男性の胃の中にスマートフォンがまるまる入っていた事が判明した。




男性はなぜ携帯電話を飲み込んだ理由は説明しなかったそうだが、飲み込んだのは半年前だったという。その後、携帯電話が自然に消化器官を通過することを願っていたそうだが、最終的には異物による痛みに耐えられなくなって病院を訪れた。なお、男性はこの事実が恥ずかしく、ずっと誰にも助けを求められなかったと説明した。

流石に今回のケースは病院の医師らでも初めてのことだったそうだが、携帯電話を飲み込んだことによる危険性、特に電池による内臓の損傷を懸念し、急いで手術を行った。約2時間の手術の後、無事携帯電話の摘出に成功。男性には後遺症は残っていないとのことだ。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Martin Büdenbender / PIXABAY
 

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る