Googleマップ上に黒く塗りつぶされた島が出現…「LOST」の舞台か?

アトラスではGoogle Mapなどの衛星写真が捉えた奇妙な地形を度々紹介しているが、今回は「丸ごと検閲されてしまったような島」が発見され、海外を中心に話題になっている。

問題の島は海外の投稿サイトRedditにスクリーンショットが貼られて注目を集めた。

青い海に白い砂浜の三角形をした小島を捉えたもので、一見リゾートに最適な小島に見える。しかし、島の全容はそれ以上は解らない。僅かな砂浜の輪郭を残し、後は全て真っ黒に塗りつぶされてしまっているからだ。ジャングルでも、ノイズでもあり得ない状態のため、この島は様々な憶測を呼んでいるという。

Google側は、地図のデータベースに写り込んでしまったものに関して、持ち主や権利者が掲示を望まない場合は報告を受けた上で地図上で問題のあるエリアを黒塗りにしたり、ぼかし加工を行ったりする。

例えば一部の軍事施設等はぼかし処理などで確認できないような状態になっている。この事実を踏まえて、島の画像を見た人たちからは「テレビドラマの『LOST』に出た、飛行機の墜落した謎の島のようだ」「エリア51のように謎があるのかもしれない」とか、「いや、神様がギターピックを落としたんだよ」というジョークが寄せられていた。




いずれにせよ、こんなに浅くて小さい環礁や島の環境が黒く塗りつぶされているのは不自然きわまりないため、何らかの検閲が働いたのは間違いないだろう、とみられている。

なお、Google Mapで黒く塗りつぶされた場所は他にもある。例えば1700年代後半にキャプテン・クックによって発見されたサンディ島があるとされる地域は、不思議なことに大きくボカシが入っているという。また、ヒマラヤ山脈のエリアや、シベリアの荒野の奥深くにある場所などをよく見ると別の場所からよく似た地形の画像がコピペされている場所があるとか。

もしかしたら、衛星写真に「写ってはいけない場所」は以外と多く存在するのかもしれない?

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©kokoblocks / reddit

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る