【神の御業】「天からの指示」を受けた男性 行方不明の少年を発見!!

10月6日、アメリカのテキサス州プランターズビルにて3歳の男の子が忽然と姿を消すという事件が起きた。

行方不明になったのはクリストファー・ラミレス君という少年で、母親が車から食料品を降ろしている間に近所の犬の後を追って森に入り、姿を消した。母親はすぐに異変に気付き、必死になって息子を探したが、犬は戻ってきたもののクリストファー君は見つからなかった。

その後、通報を受けて警察やFBIだけでなく、地元の多くのボランティアが数日かけて森の中を探し回るなど、大規模な捜索・救助活動が行われた。

幸いなことに、行方不明になってから3日後、クリストファー君は自宅から5マイル離れた場所で地元のボランティアの男性に発見された。まともに食事もしておらず、疲労もかなりあったはずなのに、クリストファー君は驚くほど元気だったという。




しかし、クリストファー君の救出劇をさらに信じられないものにしたのは、発見者の男性の証言だった。その匿名の男性は捜索に参加する前日の夜、聖書研究の授業を受けていたところ、神から「この子を必ず見つけるから探しに行きなさい」という啓示を受けたというのだ。

翌朝、彼は言われた通りにボランティアに参加したところ、信じられないことに本当にクリストファー君を見つけることができたのだという。

彼が本当に神の声を聞いたかどうかはともかく、もし彼が少年を見つけることができると信じていなかったら、クリストファー君は行方不明のままだったかもしれない。そう考えると、これもまた一つの奇跡だったのだろうか。

Relieved mom of 3-year-old Christopher Ramirez thanks God and ‘angels’ who put him back in her arms

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©KHOU 11 / YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る