山にある穴 妖怪「がつ」

山裾や森の端っこに出る妖怪である。

一見単なる「穴」にしか見えない。人間がうっかり手足を差し込んだところ、その穴がかぶりつく。

たちまち穴に牙が生えてきて鋭い牙で食いついてくる。

山と山里の怖い話・不思議な話 その9―雷鳥一号さんの投稿怪談―

足を差し込んだら噛み付く「ガツ」
山から降りてくる「もっこ」と「むっこ」
「すなしろさま」
男の子を獲る「補陀落さま」

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Hans Braxmeier / PIXABAY




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る