魔女が伝授する「魂」「オーラ」を視る方法

筆者はポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血をひく魔女として活動していて、筆者が開催する「魔女講座」で多くの受講生に霊視・オーラを視る方法を伝授してきた。

実は家系や生まれ育った環境がなんであっても、霊視能力は実はどなたでも本来持つ能力である。人は皆が霊性を持ち、魂の中で言霊の力を造り、森羅万象のエネルギーと共鳴しあいながら、この世界を創造する、いわば「一人ひとりが創造主」である。

ここでは、筆者が「魔女講座」で伝授している、「魂」「オーラ」を視るチャネリングのやり方をご紹介する。

sunset view
sunset view / Spirit-Fire

【チャネリングのやり方】

①準備:チャネリングをするには、まずは瞑想の練習から入る。最初に始めるのは、体調が万全で精神的にも安定した日がよいだろう。

準備段階として、その日は、ご飯は食べすぎず揚げ物などヘビーなものを控え、添加物が多い食事も極力避けたた方がよい。また、なるべく周りの物音が気にならないような静寂な空間で、よく換気がされた部屋がよい。

②服装と姿勢:チャネリングをやる服装は問わないが、あまり身体を締め付けすぎるものを着ると身体がリラックスできないので、ベルトなどは外した方がよい。
 
瞑想をする姿勢は、チャクラが開きやすいように椅子にまっすぐ座る。イメージとしては、天から一本の糸で頭上にある第一から吊るされたような感じになります。背中は猫背にならないようにする。




③「第三の目」:準備が整ったら目を閉じる。眉間の少し上にある「第3の目」に意識を集中させる。何回かトレーニングが必要になるが、そのとき心は何も考えずまずは「無」の状態をつくる。無の状態だからこそ、森羅万象の声やビジョンが感じやすくなる。

このとき、よくある失敗は、肉眼に意識を集中しすぎて、「第三の目」が開かないことだ。 なんらかの「夢」のようなボンヤリとしたビジョンが浮かんだら成功である。そのビジョンの正解も間違いもないので、イメージを信じるのが大事だ。

④「名前」を唱える:「魂の卵」に眉間の間にある「第三の目」から意識をとばす。好きでも嫌いでもない人の名前をイメージする。家族や恋人のような愛する人、逆に憎んでいる人をチャネリングするのは困難だ。「こうだったらいいなあ」という願望、「こうなったらどうしよう」という不安などが雑念として入りやすいためである。

その人の顔や服装、肩書きなどではなく、あくまで「名前」に集中して、心の中で念仏のように唱え続ける。

chakra 3
chakra 3 / jp512

⑤「魂の卵」を視る:しばらくすると、第三の目に卵型の魂が浮かばないだろうか。魂の核のようなもので、周りを何らかの色の光が覆っていて、筆者はそれを「魂の卵」と呼ぶ。最初はボンヤリとしていて、集中力が切れた段階で波動が止まるかもしれないが、問題ない。

このとき、チャクラは開いている状態になるが、身体がどことなく温かくなるはずだ。また、霊が通りやすくなるので、背筋が一瞬ゾクリとすることもあるか、心配はない。

⑥「オーラ」を視る:さて、魂の卵はどのような感じに見えただろうか?魂の卵の光の色はその人のオーラの色だ。魂の卵の大きさ・オーラの色は人によって千差万別だ。大きければ大きいほど、パワーに満ち溢れていて、小さくしょぼんとしたものだと心身に何らの病気があったり、運気が落ちていることを表す。

色については霊視する人が見るビジョンによって誤差があり、はじめは「なんとなく見える」という感じではないだろうか。

視え方は人によってまさに千差万別で、正解不正解はない。まずは自分自身の視たビジョンを大切にすることが重要だが、参考までにこのような種類や色がある。

<「魂の卵」の性質>

○大きな卵:心身が丈夫で生気がみなぎっている。
○小さな卵:体の老化現象が起きている。
○しっかりした卵型:自分自身の軸があり、心身が健康な特徴。
○しぼんだ卵:何らかの外部で心に傷を受けて、生気や自分らしさを奪われている。
○よく動く落ち着きがない卵:周囲に影響されやすく流されやすい。

Egg salad
Egg salad / WhitA

<「魂の卵」の光の色>

「魂の卵」を覆う光のエネルギー=「オーラ」だ。電磁波・波動・生体エネルギーともいわれ、その人の体から波長となって発せられている。

○白:純粋で誠実な人。感受性が豊かで、ナイーブで傷つきやすい一面もある人です。自分自身の特別な空間を必要としている。
○黒:病的なオーラ。マイナスエナルギーが強く、周りの人間関係が邪悪で疲れきっている場合と、本人自体の魂が汚れている場合とがある。いずれにしても、黒いオーラの人と関わる際は要注意。

○赤:実践的かつ行動派で、目的を成し遂げる事・成功することを重要視している。刺激が好きで、自分自身がいかに競争的でパワフルかということを基準に、自らの置かれている環境や成功を判断する。

○緑:バランスのとれた、調和を求める穏やかで平和主義な性格の持ち主。人生において和を求め、自然の多い環境で生活することを好む。




○青:「尽くす」「貢献する」「伝統を重んじる」という側面を持つ。とてもフレンドリーで、開かれた心を持って人を愛する、平和主義者で。

○紫:カリスマ性、賢明さ、強力な洞察力、直感力も持ち合わせている。エネルギッシュでありながら芸術的感性も高い。

○黄色:明るく楽観的で子供のような性格を持った人が多い。また、素晴らしいユーモアのセンスを持ち合わせ、笑うことが大好きで、人生を心から楽しむ能力を秘めている。

○オレンジ:創造性があり、理論的・分析的な人が多い。勤勉で、物事を論理的に、時間がかかったとしても順序よく追って考え、慎重に処理する。

○ラベンダー:の幻想と夢の世界の中で生きることを好み、想像や空想の世界で過ごすことを好みます。統計的に華奢で虚弱体質な人が多い。

視え方は先述のような個人差はあり、まずは自分自身の視たビジョンをしっかりの認識することが重要だ。スポリチュアルの世界は、「我おもう、故に我あり」なのだ。

どなたでも出来る霊視の方法なので、霊能力を高めたいATLAS読者は是非試してみてはいかがだろうか。

文:深月ユリア ミステリーニュースステーションATLAS
ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血を受け継ぐ魔女占い師。ジャーナリスト、女優、ベリーダンサー、映画・イベントプロデューサーとしても活動

著書
あなたも霊視ができる本 」文芸社
世界の予言2.0 陰謀論を超えていけ キリストの再臨は人工知能とともに」明窓出版

********************
【イベント告知】
10月23日土曜「14-16時 透視&遠隔ヒーリング白魔女講座」
https://biomagazine.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2235153&csid=145&sort=n

********************
トップ画像©Okan Caliskan / PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る