切り立った崖を苦もなく歩き回るビッグフットの様子を捉えた!?

ここのところ、北米大陸でビッグフットの活動が活発化しているようだ。埋もれていた目撃証言が日の目を見たり、かなり鮮明な動画が撮影されるなど様々だ。

そんな中、先週水曜日にビッグフットを中心に扱うYouTubeチャンネル「Sasquatch Confessions」に興味深い動画が投稿されて注目を集めた。




問題の動画は荒野の中にそびえ立つ切り立った岩山の様子を捉えたものである。木々が生えているとはいえ、荒れた岩山は普通の人間には到底上り下りできそうにない場所だ。だが、動画を見ていくと奇妙な黒い人影のようなものが木々の間から現れる。拡大してみると直立二足歩行する全身真っ黒の大きな生物のようだ。

この生物は足下が不安定なはずの切り立った崖を苦もなく歩き回り、深い谷底を覗き込むような仕草を見せている。この時点で熊などでは有り得ないし、人間という可能性も否定される。この生物は最終的に岩陰に隠れてしまい、姿が見えなくなってしまう。やはり動画に捉えられたのはビッグフットの姿だったのだろうか?

Hiker Films Multiple Sasquatch Hiding In Desert Canyon (wait for the zoom)

しかし、この動画はいつ、どこで撮影されたのか、誰がYouTubeチャンネルに投稿したのか、ほとんど情報がないという。また、あまりにも異様な光景を目の当たりにしているにも関わらず、撮影者が近寄ったり生物に向けてズームしたりといった反応を見せていないため、何らかのフェイク動画である可能性も捨てきないという。

果たして、この動画に映ってしまったものは何なのか。気になる人はぜひ動画を確認してみてほしい。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Sasquatch Confessions / YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る