毎晩訪ねてくる現怪「いぶし」

とある村の逸話である。その村では死者が未練を残して死んだ場合、その家を訪ねると言われている。

その村にかつて梅と言う老婆が住んでいた。精神的に破綻しており、普通に喋っていたかと思うと相手の腕にかぶりついたりした。風呂にも入らず悪臭をまとっており、そのうち村人の全てが鎌などで上を威嚇するようになった。

そのうち子供の指を噛み切ってしゃぶると言う暴挙に出た梅は、村の片隅に監禁された。梅は監禁されていた村の片隅の小屋こと焼かれた。既にその状態では、梅は自分自身の腕や足を食べるようになっていた。

こうして梅は死んだわけだが、気をつけた村人の家に毎晩訪ねてくるようになった。これを「いぶし」と呼ぶ。

【怪談朗読】中広告なし/女性「村はずれの小屋」【女声/洒落怖/ほん怖/ホラー/睡眠用/作業用BGM】

意味不明の現代妖怪 くだりもの
現代妖怪図鑑 人の命を奪う?人喰い石
現代妖怪「アクロバチックサラサラ」 巨大な女
現代妖怪「およびさん」 名前を呼ぶ妖怪

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る