6歳の少年が散歩中、1万2千年前のマストドンの歯を発見

ある少年が、少なくとも今から1万2千年前に生息していた古代の巨大な象の歯の化石を発見した。

ジュリアン・ギャニオン君(6歳)は先月、家族と一緒にアメリカのミシガン州ダイナソー・ヒル自然保護区を歩いているときに、足下に奇妙なものが転がっているのを発見。「まるで歯みたいだ」と思った少年は、両親に「竜の歯」を見つけたと喜んで報告したという。

ジュリアンくんの両親は家に持ち帰ってから石をよく観察してみたところ、化石のようだということに気づいた。そこでミシガン大学古生物学博物館に問い合わせたところ、この石がマストドンの幼体の右上臼歯であることが確認されたのである。

Michigan boy finds mastodon tooth during hike

マストドンは現代の象の遠い親戚で、約1万2千年前に絶滅するまで北アメリカと中央アメリカに生息していたことが明らかになっている。なお、成長すると身長2.9メートル、体重11トンにもなったという。マストドンの化石ははミシガン州でよく出土するため「州の化石」と呼ばれているそう。しかし、ジュリアンくんの見つけた化石は非常に珍しいものであるという。

一家はこの歯を博物館に寄贈することを決め、今月末にジュリアンくんにご褒美として博物館の舞台裏を見せてくれることになったという。




母親のメアリー・ギャニオンさんは「今回の発見はジュリアンの考古学や古生物学への情熱をさらに高めてくれたようです。彼は今では自然の中で目にしたものは何でも手に取るようになっています」と語る。

ジュリアンくんも、「最初はお金がもらえると思っていたんだけど、今となっては恥ずかしいよ。将来は考古学者になりたいと思っていたんだけど、あの化石は僕が古生物学者になるための予兆なのかもしれないね」と語っているという。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©23 ABC News | KERO / YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る