現代妖怪「ざくろ」

東京都・山梨県・埼玉県の県境に位置する雲取山に出没する妖怪。

滑落死した犠牲者が姿を変えたものだと言われている。帽子を深くかぶり、足を引きずって歩くのが特徴。帽子は麦わら帽子が多く、体にはタイの僧侶が身に付けているような法衣を身につけている。

鉄サビのような異臭を放っている。近づいてみると耳から血が出ている。

この「ざくろ」に声をかけられても決して返事をしてはいけない。「こんにちは」と声をかけてきたとしても何も答えないのが得策である。うっかり返事をしてしまうとあの世に連れてかれてしまう。

投稿者は売店で「ざくろに声をかけられても返事をしてはいけない」と老婆から忠告を受けた。途中、実際にざくろに会ったが返事をしなかった。

【怪談朗読】中広告なし 女性/怖い話 詰め合わせ第3弾 過去作10話【ほん怖/都市伝説/ホラー/睡眠用/作業用】




現代妖怪「ひんべえ」 馬のハニワの妖怪
妖怪「赤腹」 旅人を1口で飲み込んでしまう
現代妖怪「肝とり」 死者を狙う妖怪
現在妖怪「鍋頭」

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Pixsas PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る