【必読】魔女が伝授!だれでも出来る西洋魔術の儀式

筆者はポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血をひく魔女として活動している。筆者自身は物心ついた時から霊感が強かった。家系の遺伝の影響もあるが、重症喘息により病弱な幼少期を過ごし、一年の半分以上を病院で入院したが、病院のような所謂「出る場所」にいると霊感は強まるといわれる。

しかし、実は家系や生まれ育った環境がなんであっても、霊視能力は実はどなたでも本来持つ能力である。人は皆が霊性を持ち、魂の中で言霊の力を造り、森羅万象のエネルギーと共鳴しあいながら、この世界を創造する、いわば「一人ひとりが創造主」である。




全ての人が霊性を持つのに、「自分が霊感は皆無」と感じる方が多いのは、現代社会に於いて森羅万象のエネルギーを感じ取れる機会が少ないからなのだ。自然が破壊され、全てがコンクリート化し、仕事に忙殺され帰宅してもTVの画面によって五感あるいは六感が閉ざされるという生活環境では、霊性に気づく機会が失われている為である。

森羅万象は魂を持つが、人間はその中でも「念」の力が最も強い生物である。「念の力」と「霊力」は似ていて、念の力が強ければ強いほど、霊力は増す。人は皆、視覚・聴覚・味覚・触覚・嗅覚の五感以外に、「第六感」がある。「勘が鋭い」と言われる人は、この第六感が発達している。

今回は万人が持つ霊能力を活性化させて霊力を高める方法をご紹介したい。

Female Snowy Owl Portrait
Female Snowy Owl Portrait / Charles Patrick Ewing

【「魂の卵」】

人は誰でも肉体という器に魂が宿っている。その魂は松果体にある「第三の目」で見ると卵型をしている。卵型の魂が何らかの色の光に覆われていて、その光がそれぞれの人が持つ「オーラ」「気」である。

チャネリングの語源は「チャンネルを合わせる」こと。部屋でTVの好きなチャンネルに集中しているとき、多少部屋で物音がしても、名前を呼ばれても聞こえなかったりするだろう。

それは、そのチャンネルに全身全霊で夢中になって集中していて、TV以外の音がシャットダウンされているからだ。三次元を超えた「魂の世界」へのチャネリングでも、一点に意識を向けた集中力が必要である。その為に、なるべく五感をシャットダウンし、瞑想状態に入り意識をゼロ=無に向ける。

「魂の卵」とその周りの「オーラ」・「気」のチャネリングができるようになれば、目の前の人のオーラを見たり、どんな性格なのかイメージ出来るようになる。また、距離に関係なく遠くにいる人の魂の状態も見ることが可能になる。日常生活で会う人の心身の状態が分かるようになるので人間関係もより円満に進むことになるかもしれない。

Aura
Aura / makelessnoise

【集中力を高める儀式】

筆者は集中力を高める、また儀式を実施する時に外界から他の念が入らないように結界をはる為に西洋魔術の儀式を行っている。あくまで集中力を高めることが目的であり、必須でない。また、集中力が高められるなら、自信が好む他の流派がでも全く問題ないが、ここでは筆者が実施している儀式をご紹介する。

①立ち上がって、ゆっくり深呼吸をする。この時、自身の心の平安が保たれる、自然や宇宙の光景をイメージするのもよい。

②右手で左肩から右肩へ、右肩から左のお腹へ、右のお腹から左のお腹へ、左のお腹から左肩へ、「∞」の記号を90度回転させたような図形をきる。




③東西南北に、逆半時計回りにお辞儀をしながら、各方角に向かって「ガブリエルよ」「ラファエルよ」「アウリエルよ」「ミカエルよ」と森羅万象・宇宙への感謝の気持ちと尊敬の念を込めてお辞儀をして、チャネリングがうまくいくようお願する。このときの方角はどちらから始めてもよい。「ガブリエル」「ラファエル」「アウリエル」「ミカエル」は聖書に出現する四大天使である。

●ガブリエル 高次元の預言を伝達し、人々の生活の手助けをする役割を担う
●ラファエル 森羅万象の命の心身を癒す天使
●アウリエル 人々に叡智を授ける天使
●ミカエル 全ての聖天使を統率する天使

Star of David on the Walls of Jerusalem 1
Star of David on the Walls of Jerusalem 1 / zeevveez

④胸に手を当てて、「ヨッドヴァーヘー」と唱える。これは、ラテン語で神様を呼び出す呪文だ。

⑤胸の前に利き手で五芒星を描き「わが前に五芒星が輝き」、頭上に六芒星を描き「わが頭上に六芒星が輝くなり」と唱える。五芒星も六芒星も古今東西、文化や宗教を超えて、魔術儀式や魔よけに使われてきた。

五芒星はシュメール文明の時代から使われていて、行「木火土金水」の意味があり、魔術に於いて、森羅万象の自然エネルギーを使いやすくなる。六芒星は古代オリエントの時代より「魔よけ」として使われていて、またカバラ数秘術において「6」には愛・創造・調和のエネルギーが宿る、とされている。

そして、五芒星と六芒星の角をあわせると「11」だが、「11」はカバラ数秘術における「マジックナンバー」とされて、特別な魔力が宿ると考えられている。

⑤楽に姿勢正しく座って、チャネリングを始める。

この儀式を行うと、自身の気のめぐりも良くなり、霊能力が活性化する。魔よけ効果もあるので、「最近、なんとなく運気が悪い」「変な念を感じる」という方にもお勧めしたい。

次回の後編では実際の「魂の卵」をみるチャネリングのやり方とオーラの視方をご紹介する。

文:深月ユリア ミステリーニュースステーションATLAS
ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血を受け継ぐ魔女占い師。ジャーナリスト、女優、ベリーダンサー、映画・イベントプロデューサーとしても活動

著書
あなたも霊視ができる本 」文芸社
世界の予言2.0 陰謀論を超えていけ キリストの再臨は人工知能とともに」明窓出版

********************
【イベント告知】
10月23日土曜「14-16時 透視&遠隔ヒーリング白魔女講座」
https://biomagazine.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2235153&csid=145&sort=n

********************
トップ画像©Victoria_Borodinova PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る